いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Project Server 2013を使ってみることにした その5

前回までのあらすじ

プロジェクト管理としてRedmineを立ち上げようと、インストールを試してみたのだが、準備作業までは順調なのに肝心のRedmineでつまづく。

ならばBizSparkを活用してProject Server 2013を使おうということにした。特にドキュメントも読まず、元々持っていたWindows Server 2012 R2に適当にインストールを始めた。そこで分かったのはProject Server 2013を動かすためには、同じWindows Server上にSharePoint Server 2013 Enterprise Editionが必要ということが分かった。 

SharePoint Serverを「完全」でインストールしようとすると、Windows Serverがドメイン参加していなければならない、SQL Serverがすでに立ち上がっていなければならないなど、インストール完了しない。

結局SharePoint Serverを「スタンドアロン」でインストールしたらあっさり動作した。Project Server 2013のほうもあっさりインストール完了。

Azure上に仮想マシンを作ってProject Serverを立ち上げることに

自宅内VMだと公開しにくい。毎月Azureを15,500円分無料で使えるBizSparkに入ったので、せっかくなのでひとまずAzure内に作ってみることに。

結論からいうと現在2度目の構築で頓挫中である。

1度目の失敗

Azureで仮想マシンを用意するのは簡単。「簡易作成」で作成した。初利用なので調べながらやったが、日本(東)リージョンにWindows Server 2012 R2を簡単に作成できた。とりあえずStandardのA2にした。

f:id:shigeo-t:20150726025855p:plain

f:id:shigeo-t:20150726025910p:plain

f:id:shigeo-t:20150726025924p:plain

下にある接続アイコンに気付かず、接続方法をぐぐっていたらWindows Azure PowerShellでRemote Desktopを起動する方法に行きあたった。結果的にはWindows Azure PowerShellはいらんかったので詳細は割愛。Web Platform Installerで簡単にインストールできる。下の画面でWindows PowerShellカテゴリのinstallをクリックすればWeb Platform Installerをダウンロードでき、Windows Azure PowerShellのインストールが始まる。

f:id:shigeo-t:20150726031829p:plain

f:id:shigeo-t:20150726030333p:plainf:id:shigeo-t:20150726030400p:plain

f:id:shigeo-t:20150726030446p:plainf:id:shigeo-t:20150726030521p:plain

Windows Azure PowerShellでいろいろやってみたが、うまく動かず。接続アイコンを見つけたのでクリックしてみると.rdpファイルをダウンロードできた。その.rdpファイルを起動すると簡単にリモートデスクトップ接続完了。

起動したWindows Serverは英語版なので(日本(東)リージョンなのに…)、日本語化を実施。方法は下記ブログの通り。

Windows Azure 仮想マシン上のWindows Server 2012の日本語化は標準手順で OK - 雲のごとく - Site Home - MSDN Blogs

 

1度目の失敗は、1台で作成するのにActive Directoryを動かしたこと。SharePoint Serverは、Active Directoryというかドメインコントローラが動いているサーバではスタンドアロンインストールできない。

Workgroupに戻そうとしたら、うまく接続できなくなったので作った仮想マシンを削除。

2度目の失敗

今度はWorkgroupのままSharePoint Serverをインストール。SharePoint Serverのインストールまではスムーズに進むのだが、製品構成ウィザードで下記のエラー。

f:id:shigeo-t:20150726032649p:plain

調べてみるとSharePoint 2013の製品構成ウィザードでSystem.ArgumentException発生というエントリがあり、そのままやってみるが、やはり構成失敗になる。Windows Updateを掛けたりアンインストールしてインストールしたりしてみたが、状況は変わらず。またマシンを削除した。

今朝見つけたのだが、下記エントリで「SQL Server 2008 R2サーバーロールsysadminにNETWORK SERVICEアカウントを追加する」の部分を実行するとうまくいくようだ。次はこれでやってみる。

掛かったAzureの費用

あんまり掛かっていない。ダメなマシンはあっさり削除しているし。約22時間で195円である。24h×31Daysで744h。ざっくりと計算すると6,595円/月ってことか。

f:id:shigeo-t:20150726033345p:plain

セコくBizSparkの無料分に収める作戦は、次回SharePoint Foundation 2013 SP1をインストールするの方法で最後。ダメだったらお金かかりそうだけどAzure IaaS での SharePoint Server | Azure テクニカル ドキュメント ライブラリにあるように、SharePointテンプレートからデプロイしちゃう。でもマシンA4って書いてあるんだよな。いくらになるんだろう。

Windows Azureテクニカルハンドブック

Windows Azureテクニカルハンドブック

 
WindowsAzure エンタープライズクラウドコンピューティング実践ガイド

WindowsAzure エンタープライズクラウドコンピューティング実践ガイド