いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


BizSparkに登録完了した

6/27にBizSparkの登録申請をしてから約10日、7/8にBizSpark登録が完了した。 

途中6/29に下記のメール(一部抜粋)をもらった。

お世話になっております。
マイクロソフト BizSpark お問い合わせ窓口です。

この度はMicrosoft BizSparkにお申し込みいただき誠にありがとうございます。

以下の点についてご確認の上、一週間以内にご連絡をお願いいたします。

 

・御社のソフトウェアベースの製品およびサービスの開発において、BizSpark でご提供する弊社ソフトウェアをどう活かしていただけるのか、具体的な弊社ソフトウェア名等を交えて詳しくご説明いただけますでしょうか。

青森に行ったり色々やっていたので、回答したのは7/3。Microsoftからお申込み内容確認というメールが来たのは7/7夕方。当日はメールを見落としていて、気付いたのは7/8朝。

お世話になっております。
ご返信ありがとうございました。
アンケートのご回答と共に本メールにご返信頂き次第、追って承認させていただきます。

7/8 9時にアンケートを返信した。受付メールが10時に来た後、10時半過ぎに登録完了メールが来た。

お客様

大変お待たせいたしました。お客様の BizSpark Startup 登録が完了いたしました。
BizSpark にアクセスし、ソフトウェアの入手、サポート、認知度アップにご利用ください。

貴方の MSDN サブスクライバー ID :xxxxxxxxxx

10桁のMSDNサブスクライバーIDとBizSpark登録に使ったMicrosoftアカウントでBizSpark Webサイトで色々登録したり、それぞれのアクティベートを行ったりすることに。

前回貼ったサイトよりも見やすい紹介サイトがあった。

f:id:shigeo-t:20150711042204p:plain

f:id:shigeo-t:20150711042208p:plain

詳細は下記。

f:id:shigeo-t:20150711042305p:plain

BizSparkのほうの登録も必要だが、MSDNサブスクリプションのアクティベートをしなければならない。実は先にAzureをアクティベートしようとしたら、MSDNサブスクリプションが必要ということでぐるぐる廻ってしまった。

f:id:shigeo-t:20150711044904p:plain

アカウントをクリックして登録をした。登録画面は省略。登録が済むとこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20150711044949p:plain

こっちから行けばAzureのアクティベートも簡単。詳細は省略。

f:id:shigeo-t:20150711045026p:plain

登録完了して、色々見てみた。

f:id:shigeo-t:20150711045122p:plain

 ¥15,500と出ているようにBizSparkでは毎月15,500円分のAzureが使える。有効に使いたいので、今は何をAzure内に建てるかを検討中。BizSparkは最大3年なので、Azureだけで15,500円×36か月=55万8千円分を無料にしてもらったことになる。

 実施順は逆だが、Visual Studio Onlineのアカウントも作成した。

f:id:shigeo-t:20150711045642p:plain

BizSparkでは色々使えるだけに、Microsoftのあちこちのサイトに飛ぶので、きちんとスクリーンショットを撮らないまま進んでしまった。

f:id:shigeo-t:20150711050257p:plain

まだ全容を把握できていないが、少しずつ整理していきたい。

BizSparkで提供してもらったMSDN Ultimate(正式名称はVisual Studio Ultimate with MSDN)、3年分の費用としては新規786,770円、更新330,380円の合計1,447,530円である。Microsoft太っ腹。有効活用したい。