いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


税務署に行って源泉所得税についてご教示頂いた

源泉所得税、色々わからないので直接プロにご教示頂くため、税務署に行って聞いてきた。 だってわかんないんだもーん。

1Fが相談窓口って書いてあるので伺ってみたら、4Fの法人第3部門でご教示頂けるとのことで案内頂いた。エレベータに乗って4Fの法人第3部門へ。若い女性の税務官?の方に対応頂いた。正味20分くらい。

まず最初に給与所得者の扶養控除等(異動)申告書を書くように言われた。これは会社の控えということで、保管するようにとのこと。

f:id:shigeo-t:20150629195719j:plain

続いて、支給額(と言ってもオレに対してしかない零細企業)とかのヒアリングを受け、ご対応いただいた方が源泉徴収簿や納付書にどんどん記入していく。オレが思った通りだった。

f:id:shigeo-t:20150629195605j:plain

f:id:shigeo-t:20150629200026j:plain

税務署窓口(横浜中税務署の場合は1F)や金融機関に、この納付書を持って行けば払えるとのこと。一度は税務署で払ってみたいが、昨日はもう一度税務署に行く余裕はないので、木曜日に納税して今回の源泉所得税の納税を完了させる。e-TAXを導入すればインターネットバンキングなど、直接納税できるらしいのだが、今回は特に案内されなかった。

 あと、ウチの会社の場合は次回は年末なのだが、年末調整については額が変わる可能性が高い。年調の調整額や納税額はまた税務署に聞けば教えて頂けるということを教わった。また税務署に行こうっと。 

税務署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

税務署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)