いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


回線契約見直し作戦(ADSLをWiMAXに変えたらどうなる─申込編)

前回までのあらすじ

Broad WiMAX、本家UQ WiMAX@nifty WiMAXを比較した。現在@niftyADSLが3,782円(税抜)だが、2年しばりで置き換える想定では、@nifty WiMAXがキャンペーンキャッシュバック分お得。月末に申し込むと初月無料の効果が薄れるので月初に申し込むことにした。

@niftyのキャッシュバックキャンペーンを追いかけていると、20,000円のものと15,000円のものがある。キャッシュバックキャンペーンの履歴では、15,000円のものしか残っていない。どうせなら20,000円で申し込みたいということで、翌月に再度キャンペーンが実施されるほうに賭け、月初を待つことに。 

うわ、さらに100円プラス来た

 前回の調査では15,000円のキャッシュバックのほうは、2015年に入ってからは奇数月15,000円、偶数月15,100円だった。でも、偶数月の6月は予想が外れ15,000円のキャッシュバックだった。

一方、ターゲットとしていた20,000円キャッシュバックのほうに、さらにプラス100円が来ていた。20,100円のキャッシュバックである。プラス100円、今月はこっちだった。

f:id:shigeo-t:20150603035833p:plain

しかし月末には悲報も来ていた

今までもアナウンスだけはされていた3日間3GB規制である。今までは「規制は無いんじゃないの?」という情報だけだったのだが、急にあちこちから規制情報が出始めた。ソースがよく分からないバイラルメディアの情報を貼るのはイヤなので、個人のブログでの実験結果を貼る。

これで少し迷いが出たが、WiMAXを申し込むのであればルータはWX01一択(理由は後述)になった。

総額を最終確認して申込

WiMAX2+の見極めと契約、解約の作戦

作戦としては6月は月末までADSLを残す。WiMAX2+(あるいはWX01)がダメだったら、WiMAX2+は解除手数料を払ってADSL続行。WiMAX2+でイケそうなら月末にADSL解約。

ということで、まずは解除手数料の調査。

f:id:shigeo-t:20150603041438p:plain

19,000円か~。ダメだったら涙目である。しかし通信無しでは生活できないので仕方ない。

料金総額の確認

申込画面で表示される費用を見ながら、最終見直しである。また、キャッシュバックキャンペーン20,100円も加味して再計算した。

f:id:shigeo-t:20150603043331p:plain

f:id:shigeo-t:20150603043450p:plain

プラン 変更内容 総額   削減予想額
A ADSL→Nifm 186,391   -36,144
C ADSL→Nifギガ放題 195,351   -27,184

前々回の試算は間違っていたらしい。ギガ放題じゃないほうのプランで、36,144円の削減、ギガ放題プランで27,184円の削減である。キャッシュバック分を抜いても削減効果はある。実際にはここにADSL解約までの費用が乗るので、削減効果はその分減じる。ギガ放題を選ぶ。

WX01にする 

このキャッシュバックキャンペーンでは、WX01,W01,NAD11の各クレードルセットが1円である。下り最大110MbpsのNAD11は予選敗退。ギガ放題が料金プラン内にあるWX01に決定。

もう一つのポイントはWiMAXハイパワーの搭載である。WiMAX2+で規制を食らった時、WiMAXのアンテナをしっかり掴んで貰わないと困る。自宅の状況だが、WiMAX2+のほうがWiMAXよりもアンテナの本数が多い。現在使っているHWD14はこのWiMAXハイパワーが無いので、自宅でもあちこちで使っていても建物内でWiMAXがあまり使えず、毎月LTEにお金を払う結果に。

f:id:shigeo-t:20150603044104p:plain

今後の予定 

3~5営業日で機器到着予定。まずはWX01での電波の掴みを確認。 

シック クアトロ4チタニウム クラブパック(ホルダー+替刃7コ付) (500円キャッシュバックキャンペーン)

シック クアトロ4チタニウム クラブパック(ホルダー+替刃7コ付) (500円キャッシュバックキャンペーン)