いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


回線契約見直し作戦(ADSLをWiMAXに変えたらどうなる編)

スマホ1本をMNPすることで毎月4,000円くらい浮かせることができた。

モバイル契約の状況

auのほうはTORQUE G01とHWD14とiPhone5cが残っている。

  • TORQUEの更新月は2015年12月で、毎月割は2016年9月まで
  • HWD14の更新月は不明だが毎月割は2016年1月まで
  • iPhone5cの更新月は2015年12月で、毎月割は2015年10月まで、HWD14で発生したauスマートバリューmineを適用

こっちのほうはauに残すかMNPするかは更新月が近づいたら考える。TORQUEはデータ定額2に落としたので、これ以上は何か別のプランが出てこない限りは下がらない。iPhone5cについてはテザリング用に7GB枠を残すため、LTEフラットのままにしている。プランを変えて課金額を下げる余地はある。

あと、この3回線は今まで通り個人払いにしているが、法人払に変えようかなという気もある。法人払いにすると機種変とかで面倒になるかも。

 ADSL状況

さて掲題の件。自宅兼会社の回線はADSLである。そのために路線長が短い場所を選んだという経緯もある。今のところは10年以上住んでいるが、引越当時、光回線はお値段的に選びにくかったためである。

元々Nifty-Serveのアカウントを持っていて、ダイアルアップ契約をしていたものを@niftyでACCAのADSLに変更したのだが、ご存じの通りACCAはすでに無く、契約内容を見ると「ADSLニュースタンダードコース ワイモバイル(50Mbps)」になっている。ACCA→イー・アクセスの子会社に→合併→ワイモバイルという変遷のはず。

そんなわけで@niftyのほうではコース変更はできなくなっていて、実効約10Mbpsしか出ないのに一番高い50Mコースのままである。他のコースにするためには一旦工事と工事費用が発生する。昔あった26Mコースの時は15~20Mbpsくらい出てたのに、もっと出るかと思って50Mコースに変えたら、切れやすくなって10Mbpsくらいに落ちてしまった。ADSLは難しい。失敗のまま随分長期間ほったらかしであった。

ADSLWiMAX作戦 

長くなったが、そんなわけでADSLをやめるという選択も、選択肢も一つである。幸いウチはWiMAXのアンテナがそばにある。

 

しかしである。今使っているHWD14は無印のWiMAXの掴みが悪い。遅い時間帯でもWiMAX2+はアンテナ2本で上り11Mbps、下り1.5Mbpsは出るのでADSLと変わらないが。WiMAXだとアンテナ1本で下り2Mbpsくらいである。

HWD14は他のWiMAXモバイルルータに搭載されていることが多い、「WiMAXハイパワー」に非対応である。WiMAX2+は問題ないのだが7GB制限がある。自宅では絶対に毎月7GB以上使っている自信がある。よくOSのインストールイメージをダウンロードするが、一発で3~4GBくらいいく。スマホタブレットも家の中では全部ADSL経由にしている。Ustreamも見たりするし、上限気にしながら使うのは無理。

あと、HWD14は有線LANサポートのクレードルが無い。TV、DVDレコーダなど有線LANしかサポートしない機器もある。無線LAN→有線LANにできるルータは持っているが、いわゆるホテルルータというやつで、常用するような機器ではない。 

Broad WiMAXUQ WiMAX 

ダラダラと状況を書いてきたが、そんなところに下記のバナー広告が目に入った。5/22(つまりコレを書いている日)がキャンペーン最終日。急いで調べてみた。

WiMAX2+で制限無しならまあ問題ない。ルータのほうもWiMAXハイパワー搭載機なら、3日間3GB制限(128kbpsに制限)をくらっても無印WiMAX(ウチなら1Mbpsは出るはず)に逃げられるので問題ない。モバイルルータがDATA08Wの時は5Mbps以上は出てた。WiMAX2+増強のせいでWiMAXのアンテナは減ってると思うけど。

 

問題はやはり費用である。読み間違いや勘違いは完全に排除できていないと思うが、上のBroad WiMAXと現在のADSL回線を比較してみた。なお、最初Broad WiMAXUQコミュニケーションのサービスだと誤認していたことを書いておく。だってBroad WiMAXのロゴにpowered by UQ WiMAXって書いてあるんだもん。左がUQ、右がBroad WiMAX

http://www.uqwimax.jp/common/images/new_head_logo.jpg    https://wimax-broad.jp/img/header_logo.png

途中で誤認に気付いたのでUQ WiMAXのほうも比較に加えた。

全部税抜で比較した表が以下のExcelである。25か月で比較してみた。試算欄の赤字はリプレースで安くなるケース、黒字は超過する(高くつく)ケースである。

f:id:shigeo-t:20150522054244p:plain

ADSLは税抜3,782円/月なので、WiMAXにした際には価格的にかなり難しい。実際、今回最初に目にしたBroad WiMAXの最安プランでは、25か月で13,777円オーバーである。最安プランが一番高いw。キャンペーン適用条件がかなり限定的なので、なかなか難しい。

UQ WiMAXとBroad WiMAXでは微妙にUQが高い。auスマートバリューmineは両方選べる。TORQUE G01はauスマートバリューmineを使っていないのでTORQUEに適用すると、トータルでスマートバリューmine分安くできる。しかし、TORQUEはデータ定額2(2GBまでプラン)に落としているのでスマートバリューmineの適用額は-743円にしかならない。満額-934円(差額191円)のためにデータ定額を5に上げると、データ定額2:3,500円に対しデータ定額5:5,000円なので逆ザヤである。

一応、HWD14も解約してみたらどうなるかというパターンも試算してみた。ADSL+HWD14をWiMAX1本にすると7万円以上浮くが、ちょっと不安。ADSLとHWD14をそれぞれWiMAXにリプレースすると、ギガ放題1回線+7GB制限1回線なら安くなる(UQしか試算しなかったけどBroad WiMAXも同)。

機器選定のために価格.comを見たら@niftyが浮上

モバイルルータは電波の掴みやバッテリーのもち、使用感などが重要。実際に問題なかった会社貸与で使っていたDATA08W(WiMAXと3Gで速くはない)と比べると、WiMAXの掴みが悪いHWD14は機器選定失敗であった。

 

価格.com経由のW01、WX01、HWD15のレビューやクチコミを見ていた。選べる電波を組み合わせて考えると、オレ個人的には圧倒的な一位は無さそうという感想。まだ決めていない。

 

ついでに機器の価格を見ると、WX01とW01には価格.comWiMAXの契約をするとキャッシュバックという文字が。

しかもキャッシュバックが発生する契約の契約先は@niftyDTIGMOなど。そうだった。@niftyADSLWiMAXという手もあるなあと、追加調査。なおGMOはクチコミやレビューで酷評もあったので安いけど除外。DTIは高かったので除外。

 

しかしまあ、ああいう書込みを見ていると、人間冷静にはなれないもんなんだなという感想。多くの人が電波の掴みはまあまあ~よい、機器は使いやすいというレビューなのに、何人かは評価項目全部1にしちゃっているんだもん。電波はUQ次第だからその人の使う場所によるけど、機器の使い勝手は電波の掴みとは関係ない(だから別の評価項目)。ましてやGMOはキャッシュバックの払いに罠があるとか、機器の評価と関係ない。項目ごとに「評価しない」という選択もできるらしいのだが。頭に血が上り過ぎて、自分自身の評価を下げて(レビュアーとして信頼できない)どうするんだよw。

あと機器トラブルの際、楽天ブロードバンド契約の機器を持ってauショップに行ったら、楽天の社員証求められたって話を読んで、緑茶吹いた。行くやつも行くやつだが(契約時にサポート条件読んで同意したことになっているはず)、auショップ店員もauショップ店員だww。

 

脱線し過ぎたので話を戻す。

f:id:shigeo-t:20150522054308p:plain

じっくり料金表を見比べてみると、価格.comのほうでは直契約よりも価格.com経由だと安いよと謳っているのに、実際に@niftyのほうで調べてみると、微妙に@nifty直契約のほうが安い。調べてみるもんだ。

先のBroad WiMAXUQ WiMAXの比較ではADSL+HWD14一気にリプレース案を作ったが、こちらではHWD14をHWD15に機器変更だけする案も作った。どうせHWD14を解約すると9,500円の解約手数料。HWD15の白ROMをAmazonで調べたら、9,800円。回線費用そのものはそんなに高くない(今は4,334円、毎月割終了後は5,489円で試算)ので、とりあえず白ROM赤HWD15という手もありかと。電波の掴みがHWD14比で良くなっているHWD15にすることで、うまくいけば毎月505円掛かっているLTE代(ハイスピードエリアプラス1,005円ー500円割引)を削れる月があるかもしれない。こっちは急がない。

こうやってみると、今のところ今日5/22がキャンペーン終了日のBroad WiMAXの⁻7,680円よりも@niftyWiMAX切替-16,084円のほうが良い。25か月で見ているので月600円台の削減に過ぎないが。ここで切り替えておくと、引越(一応スコープに入っている)時も回線切り替え不要である。あとは切り替えタイミング。@niftyのキャッシュバックキャンペーンは5/31まで。W01かWX01か悩むけど、ADSL代替ならLTEいらないんでWX01案が有力。

つづきはこちら