いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


回線契約見直し作戦(母親に使わせているスマホの費用が高いので検討編)

auでは4回線使っているのだが、母親のPHOTONの回線が一番高い。割引がひとつ終了していたのだった。名義はオレのまま使わせている。父が亡くなる前、入院だなんだで連絡が付かないことが多いので持たせた。本人か兄が準備してくれれば良かったのだが、当然バタバタしていてそれどころではないので、オレが準備して持たせそのまま使ってもらっている。初代はTalby。4月分の料金で10年3か月ということになっている。

今月だ 

端末の入れ替えや料金プランの変更は、これまで5月の連休や夏休み、正月休みの時期、オレが帰省した時に実施。そして当該回線はMNPするなら今月である。分かりにくいが「誰でも割更新月」というのがそれである。

f:id:shigeo-t:20150512025827j:plain

MNPのとき、契約解除料9,500円が掛からないはず。

f:id:shigeo-t:20150512030544p:plain

支払先は増やしたくない

月額費用は下げたいが、別に最安値じゃなくてもいい。そういうわけで、網羅的には検討しない。あと、ほとんど「もしもしはいはい」だけで、データ通信は少ない回線である。

auからこの回線をMNPするとして、できれば支払先は増やしたくない。そうすると、現在持っている回線契約先からMNP先を選定することになる。OCNモバイルONEか、自宅のADSL契約のNiftyである。いずれも音声SIMを出している。

いずれも1,600円/月(税抜)である。もっと安いMVNOはあるが検討しない。

   OCNモバイルONE 音声対象SIM  NifMo音声通話対応SIMカード
 登録手数料(税抜)  3,000円  3,000円
 データ通信プラン  110MB/日  3GB/月
LTEパケット費用(税抜)  900円  900円
 音声通話費用(税抜)  700円  700円
 通話料(税抜)  20円/30秒  20円/30秒
 SMS送信料(税抜)  月内5通目まで0円、6通目以降3円/通  送信3円/通

端末も変えなければならない

現在の端末はMOTOROLA PHOTON(TM)(モトローラ フォトン) ISW11M である。3G回線+WiMAX回線というモデルなので、LTEデータ通信が基本のMNP先ではサポート外となる。実はPHOTONの前は簡単ケータイW62PTにしたのだが、カメラが酷過ぎたり「らくらく」じゃなかったりした。周りがスマホに変えていく中、スマホが欲しいというのでPHOTONにした。でも、2年以上使っているのに結局まだ慣れていないんですよ、この人。ディスプレイ部分の触れると何か操作したことになるからディスプレイ部分には操作以外触るなっていうのに、なんか触っては思った通り動かないという。メールも開くところまでで読めないし(それは別問題かw)、なぜか削除したがるし。

今度は最初かららくらくアプリ(ホームアプリ) - Google Play の Android アプリでも入れて、基本操作だけでも簡単にするという手はある。

いっそiPhoneのほうがAndroidよりも色んな事にならない分、年寄り向きかとも思うが、iPhoneだとガジェットで天気を表示できない。天気のガジェットは、今の大体の気温も分かるし予報もわかるので、大変気に入っているようである。こないだ帰省した時に、「あなたのスマホの契約の月額が一番高いので(費用を下げるために)機種変したい」とストレートに言って、色々ヒアリングした中で判明した。あとは使いこなしているアプリはNHKネットラジオ らじる★らじる - Google Play の Android アプリくらいのようだ。こっちはiPhoneでもOKだが。

この先長く使ってもらう事を考えると、出て間もなくで評価が高くそれほど高価でない端末がいい。こちらの手間を考えるとAmazonなどで簡単に入手できる端末がいい。白ロム専門店とか行くの面倒くさい。そうなるとZenFone5でしょ。  

あとdocomo最新のらくらくスマートフォン3 F-06Fは、Amazonで新品が買えない(5/12現在)。 

とりあえずの候補はZenFone5として、 MNP先候補の2つのMVNOをみると、それぞれセットモデルもある。

OCNモバイルONEのほうは2,680円/月(税抜、24か月)、NifMoのほうは2,975円/月(税抜、24か月)である。

なおNifMoのほうは@Niftyの回線利用者は-200円。2,775円/月(税抜)ということになる。そして9か月目にキャッシュバック5,000円が入るので、5,000円/24を減算すると約2,567円/月(税抜)になる。

OCNモバイルONEは黒のみ、NifMoのほうは4色から選べる。

ということでセットモデルを選ぶならNifMo、ZenFone5のレッドかなという感じ。この色好きなんですよ、オレが。前のhtc Jも今のTORQUE G01もこのレッド。 

MVNOならではの悩み

問題は切り替えに掛かる期間である。母は祖母の墓参りを兼ねて5/15(金)に出てくる予定。

切り替え期間はMVNO各社によってまちまちだが、一番いいのは東京駅でピックアップしたあとに切り替えて、5/16に帰るまでに切り替えが終了すること。でも何時間掛かるか分からない即日カウンターは避けたい。そもそも上のセットモデルは通販なので、どうしても3日程度は見る必要がある。今回の上京時期を外しても、初期設定はオレなので不通期間は長くなる。あとNifMoのセットモデルは5/16から発売。

上の記事を見るとau系MVNOは即日切り替えOKとのこと。そっちも検討してみることにしたが、ここで約4,000文字。あとは次回に。