いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


快晴の時に徒歩で行ける範囲に行けば晴れている可能性が高いという当たり前のことに気付いたので、ちょっと宙玉soratama 72使ってきた

家から徒歩15分の横浜イングリッシュガーデンに行ってきた。TVKハウジングプラザ横浜の奥の方にある。TVKハウジングプラザ横浜の敷地に入ってからも徒歩だと2分くらい掛かる。ちなみにあれこれ持ったのでカメラバッグが約5kgだったよ、行き帰り重かった。

メインのバラはまだなのだが、色々春の花が咲いている。チューリップは終わりそうな感じだった。

ようやく宙玉で明るい絵を作れた。

たとえばチューリップだとこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20150424041046j:plain

高い木と太陽。

f:id:shigeo-t:20150424041231j:plain

ようやく宙玉っぽい絵になった。

 

宙玉用のレンズとしては標準ズームのSAL1680Z+接写リング20mmを使ったのだが、接写リング12mmも持って行っていて、マクロレンズ代わりになるかどうかも確認した。チューリップだと花が大きくて収まらないということが判明。接写リング12mmを付けて合焦するのはおおよそ50mm以上で、合焦する距離の幅が非常に狭い。上の宙玉で撮ったチューリップは宙玉無し接写リング12mm付だとこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20150424042225j:plain

こんなこともあろうかと、マクロレンズのSAL30M28も持って行っていたのだった。そりゃ一式5kgにもなるわ(´ー`)。

f:id:shigeo-t:20150424042600j:plain

といったわけで、バラのシーズンになった時の装備をどうするか、今から悩んでみる。バラも基本的には花が大きいし。昨日はSAL30M28に宙玉を付けるステップアップリングは持って行かなかったので、これくらいの光量でマクロレンズ+宙玉で思った絵になるかは要確認。