いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Windows 10で搭載予定のSpartan。Windows 8.1のIE11でもエンジンEdgeが動いていた

普段Internet Explorerは起動していないので気付いていなかった。Windows 10 Technical Previe Build 10041を動作させたので、確認してみた。 

Windows 10 Technical Preview Build 10041では、今のところInternet Explorer(以下IE)のバージョンは11。Spartanはまだ動かないのだが、IE11でSpartan用の”Edge”というエンジンが選択可能。

f:id:shigeo-t:20150326044845p:plain

比較のためにWindows 8.1でもIEを起動してみたのだが、なんとWindows 8.1のIE11でもEdgeが選択可能。設定方法だが、[F12]キーを押すか、歯車アイコンをクリックして「F12 管理者ツール(L)」を選択。

f:id:shigeo-t:20150326045225p:plain

下に管理者ツールが表示されるので、

f:id:shigeo-t:20150326045325p:plain

右側になるドキュメントモードアイコンをクリックする。

f:id:shigeo-t:20150326045732p:plain

メニュー表示されるので、レンダリングエンジンを選択する。メインマシンThinkPad W520のWindows 8.1 IE11はなんとEdgeがデフォルトになってた。

f:id:shigeo-t:20150326045756p:plain

例えばIE7相当に変えるとこうなる。まずEdge。はてなブログがきちんと表示されている。

f:id:shigeo-t:20150326050029p:plain

IE7相当に変えると、ブログカード部分が表示されない。開発者ツールにはエラーを示す赤ラインが表示されている。

f:id:shigeo-t:20150326050125p:plain

普段IE使っていないからEdgeになってるなんて、全然気づかなかったわー。

 Spartanのデフォルトのレンダリングエンジンは、「EdgeHTML」と呼ばれる新エンジンになる。このエンジンは、すでに説明した通り「Web標準を採用するモダンWebサイトと親和性が高い」といった特徴がある。

 

また、(上では「IE11エンジン」と表記した)従来からある「MSHTML」エンジン(=Trident)もサブエンジンとして搭載されている。この2つのエンジンを合わせ、「デュアル・レンダリング・エンジン」と呼ばれる(※ちなみにこの2つのエンジンは、前述したように、Windows 10のIEと共通だ)。

http://re.buildinsider.net/web/spartan/01/10_s.gif

というわけで、今のところわざわざWindows 10 Technical Previewをインストールしなくても、Spartanでの表示は確認できそう。 

Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 512GB SATAIII CT512MX100SSD1

Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 512GB SATAIII CT512MX100SSD1