いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Windowsでjson2csvを使いたいのでGoとGit Extensionsをインストールしてみた Go編

JSONCSVにしてくれというご要望が。JSONのままか、DBに放り込んだほうがハンドリングはラクだと思うんだが。しかも「Windowsで」という話。なんか一番厄介な組み合わせになってしまった。

先頭文字列削除jsの作成

元データJSONはテキストになっているのだが、厳密にいうと先頭56文字にタイムスタンプや発信元情報があり、JSONになっていない。そのタイムスタンプや発信元情報56文字を削除するJavaScriptを書いた。

var strScriptPath;
var strReadFile;
var strWriteFile;
var objReadStream;
var objWriteStream;
var strText;
var JSONText;

var objFileSys = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");

strScriptPath = String(WScript.ScriptFullName).replace(WScript.ScriptName,"");
strOpenFile = objFileSys.BuildPath(strScriptPath, "acdc.txt");
strWriteFile = objFileSys.BuildPath(strScriptPath,"acdc.json");

objReadStream = objFileSys.OpenTextFile(strOpenFile);
objWriteStream = objFileSys.OpenTextFile(strWriteFile, 2, true);

while (objReadStream.AtEndOfLine==false) {

    strText = objReadStream.ReadLine();

    JSONText = strText.slice(56);

    objWriteStream.WriteLine(JSONText);

}

objReadStream.Close();
objWriteStream.Close();

objReadStream = null;
objWriteStream = null;
objFileSys = null;

Go言語のインストール

Go概要

これでjson2csvインストール済マシンがあればcsvに切り出せるのだが、Windowsでというご要望なのでjson2csvをインストールしなければならない。

json2csvはGo言語でできている。Go言語はGoogle製である。Go (プログラミング言語) - Wikipediaから引用する。

Goはプログラミング言語のひとつ。グーグル社によって開発されており[4]、設計にロブ・パイク、ケン・トンプソンらが関わっている。


主な特徴として、軽量スレッディングのための機能、Pythonのような動的型付き言語のようなプログラミングの容易性、などがある。Go処理系としてはコンパイラのみが開発されている。


発表当初はLinuxMac OS Xのみしかサポートしていなかったが[5]、2012年3月にリリースされたバージョン1からはWindowsもサポートされている[6]。また、2011年5月10日に公開された Google App Engine 1.5.0 でも、Go言語がサポートされている[7]。 

基礎からわかる Go言語

基礎からわかる Go言語

 
プログラミング言語Goフレーズブック

プログラミング言語Goフレーズブック

  • 作者: David Chisnall,デイビッド・チズナール,柴田芳樹
  • 出版社/メーカー: ピアソン桐原
  • 発売日: 2012/10/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る
 
Go言語インストール 

Downloads - go - The Go Programming Language - Google Project Hostingから最新のmsiファイルをダウンロードする。

f:id:shigeo-t:20150111035356p:plain

go1.2.1.windows-amd64.msiを実行する。[Next]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150111040656p:plain

[Next]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150111040721p:plain

[Install]をクリックする。 

f:id:shigeo-t:20150111040832p:plain

[Next]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150111040831p:plain

UACが動くので承諾して進める。

f:id:shigeo-t:20150111040833p:plain

全部終了するとこの画面になる。[Finish]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150111040834p:plain

Go言語の環境変数設定

インストールは完了したのだが、このままではパスが通っていないため使えない。設定する環境変数は下記の3つ。

  • GOPATH
  • GOROOT
  • PATH

Windows 8.1にインストールしたので、[Windows]+[X]でメニューを出し、「システム(Y)」を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20150111041708p:plain

システムが表示されるので「システムの詳細設定」を選択する。

f:id:shigeo-t:20150111040835p:plain

システムのプロパティが表示されるので、[環境変数(N) …]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20150111040836p:plain

設定した後なのでGOPATH,GOROOTなども存在しているがこういう画面に切り替わる。最初の設定ではGOPATH,GOROOTは存在しないので、[新規]をクリックして設定する。

f:id:shigeo-t:20150111040837p:plain

GOPATHはこのように設定する。このc:\go\projectというフォルダは存在しないので、別途作成しておく。

f:id:shigeo-t:20150111040839p:plain

続いてGOROOT。さきほどのインストールでGo言語をインストールしたフォルダを指定する

f:id:shigeo-t:20150111042506p:plain

最後はPATHである。PATHは、これまでの設定情報を壊さないように、気を付ける必要がある。末尾にこのように設定する。

f:id:shigeo-t:20150111043142p:plain

パスが通ったかどうかの確認。コマンドプロンプトでgoと入れてみる。

f:id:shigeo-t:20150111043656p:plain

このようにメッセージが表示されれば環境変数設定はOK。

 

これでGo言語は完了。長くなったのでここで一旦切る。