いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


きちんとお別れしましたか?Windows XPと

今週のお題「2014年のお別れ」〈2014年をふりかえる 3〉

Windows XPとOffice 2003がサポート終了になっても流行らないもの

今年は4月9日にWindows XPのサポートが終了した。ついでに言えばMicrosoft Office 2003も。このブログでは主に企業内PCのAndroid-x86化を推してきた。Windows Serverのリモートデスクトップとの組合せになるので、今後の社内統制やTCO削減を考えれば望ましい方向だと思うけど。

とりあえずのつなぎということなら、Windows 7搭載の中古PCへの単純置き換えのほうが安いと思うけどね。

 

そういえば、@linux_mint_chanというアカウントからキモいメンションが飛んできたんだった。

デスクトップOSとしては、やはりLinuxってハードル高いんだよね。プレインストールPCはほとんど無いので、Linuxを使おうとすると自分でインストールしなければならない。Linux Mintのような泡沫ディストリビューションだけでなく、UbuntuとかCentOSとか利用者が多いLinuxだって、一般的なPC利用者にはお勧めしにくい。Linuxから見て標準的な構成のPCなら問題ないのだが、少し変わったデバイス、最新のデバイス、古すぎるデバイスがあると苦労する。

一般的なPC利用者は別にOSのインストールや設定をしたいわけじゃなく、PCを使って何か(ブラウジングや文書作成、画像・動画編集、……)をしたいわけで、それらのアプリの選択肢や導入の容易さでWindowsに劣るLinuxではスタートラインに立てない。

で、どうなんですかねということで現状を調べてみた。


11月のOSシェア、Mac OS Xが増加 | マイナビニュースによれば、「Linuxがシェアを減らした」wwww草生える。Windows XPサポート終了対策でLinux推しだった人たち元気?ww。Linuxはグラフではその他扱いwwwww。

f:id:shigeo-t:20141227031255p:plain

推移を全部追いかけるのは面倒なので、サポート終了直後の5月のシェアと比べてみよう。


Windows XPが依然高いシェア - 5月OSシェア | マイナビニュースでは、5月時点のLinuxのシェア1.62%(Net Applications調べ)。11月時点のLinuxのシェアは1.25%(同)。同じNet Applicationsの調査なので、連続性のあるデータとして見ることができる。Linuxのシェア減ってるじゃん。やっぱりなw。 

日経BPはこのムック本、どれくらい売れたんだろう。個人の古いPCをWindows以外にするのであれば、やっぱりお勧めはAndroid-x86だな。アプリもGoogle Playから簡単に入れられるし。rpmだのyumだの、単にPCを使いたいだけの人には難易度高い。 

しばらくこのネタをお休みしている間に状況が変わった

4月9日には間に合わなかったが、ようやくChromebookが発売された。最初は文教分野限定だったけど、11月には一般にも販売されるようになった。 

結局、円安のせいかもしれないけど、思ってたよりも高いのでまだChromebookは買ってない。もうちょっとラインナップが増えてから、会社の方で検証機として買うつもり。企業ユースということなら色々考えられる端末だと思う。一般家庭では主たる用途にもよるが、年賀状作りや音楽・画像・映像編集には向いてないよね。

 

一方でMicrosoft OfficeのほうはMicrosoftが思い切ったかじ取りをしてきた。Office 365 Soloなど、サブスクリプションモデルの拡充もそうだし、iPad/iPhone/AndroidMicrosoft Office無償化もそう。

 

Web版のOffice Onlineもわりとすごい。確かにPCインストール版と比べると機能は劣るが、それなりに使える。 

 

しかし一番大きいのはWindows 8.1 with Bingだろう。安いマシン、面白いマシンがWindows 8.1で出てくるようになった。Windows 8.1 with Bingはドメイン参加できないので企業ユースには少し難があるけど、個人・家庭ユースということなら普通にWindowsが使える。

例えばマウスコンピューターのMS-NH1。スティック型である。 

タブレットも安い。


小型PCは小さいし、実売3万円を切るモデルも。 

Windows 8.1 with Bing搭載マシンによって、 iOSAndroidで2分してきたタブレットの勢力図も変わるかも。サイトにアクセスするOSを調べるタイプのNet Applicationsの調査だとWindows 8.1 with BingはWindows 8.1にしか見えないから、シェアの調査は販売実績ベースとならざるを得ず、利用実態はわからないけど。

 

Windows 8.1 with Bing搭載マシンは2~3万円台で買えちゃうから、Windows XPとお別れするなら今。さらに円安が進むともう少し値段が上がるかも。中古PC Windows 7 32bitよりもお勧め。