いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


縦長ドキュメントには縦置きディスプレイ。これは便利だ。

何故か英語で論文を書くはめになっていたんだが、提出フォーマットがA4縦。今時のワイド液晶だと可視範囲が狭くて書きにくい。だって、書きながらもちょっと上に書いた表を読んだりするじゃないですか。しかもMicrosoft WordはリボンUIなので、相当な高さを消費してくれる。隠すと操作にワンクッション入ってウザいし。

 

いらいらしながら書いていたんだけど、ディスプレイを縦置きにできることを思い出した。ThinkPad W520には2枚外部ディスプレイを付けていて、両方ともピボット機能付きなので縦置きできる。 

縦長にしたのは設置場所の都合でiiyama ProLite B2280HS-B1のほう。「画面の解像度」での設定はこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20141203052222p:plain

いやあ、回すとA4一枚以上を一気に表示できる。最初っから回しておけばよかった。写っているのはサンプル。

f:id:shigeo-t:20141203051836j:plain

 

てな感じでサクサク進むようになったので、論文書きは完了。落ちは無い。というかディスプレイを廻す前に手を引っ掛けてお茶を落とした程度。