いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


一般向けに発売されたChromebook、どうしよう買おうかな

予定外に雨。見てた天気予報よりも早く降り始めて早く上がった(挨拶)。

 

さてタイトルのChromebook。


悩むのは2万円台半ば~後半だと思ってたから。なんでも適正なプライス感ってあるじゃないですか。現在Windows 8.1 with Bing搭載タブレットが多数出ていて、2万円台で購入可能。Windows 8.1 with Bing搭載ノートPCだとChromebookと同じくらい。


そういう意味では、機能を絞っているという点で非常にCoolなChromebookではあるけど、3万円台の声を聞くと「高い」と思わざるを得ない。

Amazonにはまだ国内向けChromebook 11は載ってない。 

Acer Chromebook C720は国内向けがすでに販売されている。3万円台前半である。  

acer ChromeBook C720 (日本正規品)

acer ChromeBook C720 (日本正規品)

 

ASUS Chrome 300MAは12月中旬発売ということで、Amazonには情報が無い。

 

現在の研究テーマ(大学の委託研究員の任期中なんで)としては、実現手段として安価なタブレット+(キーボード+ポインティングデバイス)が必要。必要なんだけど、3万円台でこのスペックというのはちょっとWindows 8.1 with Bing搭載タブレットに負ける。キーボードやマウスが無いWindows 8.1 with Bing搭載タブレットを買って、Bluetoothでキーボードとマウスを付けるとChromebookと同じような価格。素直にWindows 8.1 with Bing搭載ノートPCなら、3万円台前半~半ば。それなら素直にWindows 8.1 with Bing搭載タブレットかノートPCのほうが色々アプリが揃っていて、デバイスとして圧倒的に合目的的である。

 

随分待たされた割に、プライシング的にちょっと違うんじゃないの感。円安も見据えての価格かもしれないけど。円安ということだと、やはり国内生産Windows 8.1 with Bing搭載タブレット/ノートPCに分がある。  

 

機種が増えて値段がこなれてからでもいいんじゃないかというのが現在の心境。おもちゃとして買う分には、別に躊躇する(脳内との)価格差でもないんだけど、急いで買う理由が無くなった。機能確認はChromium OSでもいいわけだし。