いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


modern.IEの仮想環境を動かしてみる VMware PlayerでWindows XP+IE6編

月曜日に好天に恵まれても、公園とかお休みが多いので使い道が無くて困る(挨拶)。

 

modern.IEでは、Internet Explorerの動作確認が行える色々な仮想アプライアンスが提供されている。

f:id:shigeo-t:20141110085954p:plain

全部を試してみるつもりはないが、今回はVMware PlayerでWindows XP+IE6を試してみる。手元に残してあるXPの仮想マシンはすでにIE6じゃないので。

ダウンロード~仮想マシン起動

Windows XP+IE6は2ファイルなのでそれぞれダウンロードする。

f:id:shigeo-t:20141110090038p:plain

 

exeファイルを起動する。[Extract]をクリック。

f:id:shigeo-t:20141110090533p:plain

f:id:shigeo-t:20141110090627p:plain

MFファイル、OVFファイル、VMDKファイルが解凍による生成物。

f:id:shigeo-t:20141110090730p:plain

OVFファイルをダブルクリックすると、VMware Playerに読み込まれる。[インポート(I)]をクリックする。仮想マシンの作成先を変更するときは[参照(R)…]をクリックし、フォルダを指定する。

f:id:shigeo-t:20141110090805p:plain

インポートが行われる。

f:id:shigeo-t:20141110091010p:plain

そのままWindows XPの起動が行われる。

f:id:shigeo-t:20141110091045p:plain

説明が壁紙に色々書かれている。

f:id:shigeo-t:20141110091124p:plain

Internet Explorerを起動してみる。modern.IEサイトがデフォルトになっていて、表示できないよというエラーメッセージになっている。

f:id:shigeo-t:20141110091258p:plain

日本語化への道

日本語表示できない英語版Windows XP+IE6

上の状態まででIE6が使えるようになっているので、英語圏の人が英語サイトのみの確認に使用する分には全く問題ない。しかしmsnを表示してみると、日本語は「□」になっているので全く読めない。

f:id:shigeo-t:20141110091723p:plain

エンコードでJapaneseを選んでみると、言語パックのインストールダイアログが表示される。英語版Windows XPなので日本語の言語パックがインストールされていないということである。

f:id:shigeo-t:20141110091922p:plain

この先進めていってもCD-ROMを要求されてインストールを完了させることができない。近頃のWindowsMicrosoftのサイトから言語パックを持ってくるのでそれほど苦労は無いのだが、Windows XPの頃はCD-ROMからのインストールが必要だったらしい。よく考えたら英語版Windows XPってまともに使ったことが無かったので気付かなかった。

f:id:shigeo-t:20141110092135p:plain

Windows XP英語版に日本語を組み込む 

IEだけよりは、Windowsまるごと日本語対応したほうが早そうだということで、調べてみると先達がいらっしゃる。参考にした。

Windows XP 英語版で日本語環境を構築する | hiro345

そしてなぜかWindows XP SP2のインストールメディアも持っていた。このパッケージ、何のために買ったのか思い出せない。買ったけどインストールには使っていないはず。

f:id:shigeo-t:20141110093234j:plain

結論を言えば、Windows XP 英語版で日本語環境を構築する | hiro345にSP2用として記載されている準備作業(mkdir~)は不要であった。準備作業の実施はしたけど、そこは使わずに素直にCD-ROMから読んでくれた。

まずコントロールパネルを開く。

f:id:shigeo-t:20141110093622p:plain

「Regional and Language …」を開き、[Languages]タブにする。「Install files for East Asian languages」にチェックを入れる。

f:id:shigeo-t:20141110094025p:plain

[Apply]をクリックすると先に進む。

f:id:shigeo-t:20141110094123p:plain

再起動必要だよということなので[Yes]をクリック。

f:id:shigeo-t:20141110094202p:plain

Windows XPが再起動された後で確認すると、日本語表示ができるようになっている。

f:id:shigeo-t:20141110094442p:plain

おまけ

最初にこの仮想アプライアンスを起動した時、VMware Toolが古いというメッセージが出ていた。そこで速攻で最新をインストールしてみた。普通にインストールできた。もしかすると、その他色々インストールできるのかもしれない。すでにサポートが切れたOSだし、認証切れまで60日なので、そういう別用途への転用はMicrosoftは推奨しないだろうが。 

Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 通常版

Microsoft Windows XP Professional Service Pack 2 通常版

 

続き