いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Microsoft OfficeのiPad/iPhone/Android版の編集機能が無料(Office 365縛りなし)になったらしいのでインストールしたみた iPad編

Microsoftはここ数年、キラーアプリMicrosoft Office(以下Office)をフリーミアムモデルに転換したり、サブスクリプションモデルを追加したり、色々な施策を打ってきている。

今回はiPad/iPhone/AndroidにOfficeアプリが追加されたらしいので、まずiPadで確認してみることにした。

App Storeからインストール

App Storeを起動する。上段の自動スクロールするバナー欄にOfficeのバナーが貼られている。バナーをタップしてみる。

f:id:shigeo-t:20141108042508p:plain

専用のインストール画面に切り替わる。App Storeでこのような専用インストール画面って初めて見た。オレってバナー押さないしな、通常。ここでそのままインストール可能。

f:id:shigeo-t:20141108042949p:plain

一気にExcel,Word,PowerPointのインストールが済んだので、それぞれ起動してみる。

Excel

起動するとこの起動画面。

f:id:shigeo-t:20141108043303p:plain

起動画面を数秒表示したらサインイン画面になる。Microsoft アカウント、Office365アカウントでサインインするように見えるが、今回一番下に「後でサインイン」があるのであえてサインインせずに進めてみる。なんと言ってもMicrosoft OfficeのiPad/iPhone/Android版の編集機能が無料(Office 365縛りなし)に - ITmedia ニュースというタイトルなので、『Office 365縛りなし』を確認する必要がある。

f:id:shigeo-t:20141108043652p:plain

『無料で表示』アイコンがある。これをタップする。

f:id:shigeo-t:20141108043819p:plain

リリースノートが表示される。なるほど、一番下のグラフ要素だが、グラフ機能を使うためにはOffice365の機能が必要ということか。

カタカナで書いてあるのでパッと見なんだか分からなかったが、一番上はDropboxのサポートの件(ニュース - MicrosoftとDropbox、Officeとオンラインストレージの連係で提携:ITpro)である。これはExcelローカライズの担当者がバカ過ぎる。他社の商標を勝手にカタカナ書きに直すのはやめてくれ。Dropboxはドロップボックスではない。Dropboxが出しているどのドキュメントも表記は全て「Dropbox」である(例:利用規約)。一般の利用者ならともかく、Microsoftは様々な商標を持っているんだから他社の商標も尊重すべきだろ。

愚痴ってないで[完了]をタップして進める。

f:id:shigeo-t:20141108045021p:plain

WindowsにインストールするExcel 2013や、Excel Onlineと同様にテンプレート選択画面になる。

f:id:shigeo-t:20141108045614p:plain

これでタップすると利用できるのだが、どこからが有償範囲(=Office365アカウントが必要)かが分からない。最初編集するにはサインインが必要というバナーがあったのだが、サインインしないままごちゃごちゃ触っていたら出なくなった。

上の最新情報に「グラフ要素」とあったので、グラフが入っている家計簿を開いてみる。円グラフのところまでスクロールしてタップする。編集可能となる。

f:id:shigeo-t:20141108050509p:plain

グラフの種類を変えてみると問題なく変えられる。もちろん変更後に保存をすると保存もできる。

f:id:shigeo-t:20141108050735p:plain

そういうわけで、どこからが有償の範囲か分からないくらい、普通にExcelとして利用可能である。グラフ要素を選んでみたら有償だよと教えてくれた。

f:id:shigeo-t:20141108052327p:plain

iOSの場合ポインタ(PCで言うところのマウスカーソル)が無いので、全操作をタップで行わなければならない。致命的にExcel操作に向いてない。そういう意味ではすでに十分な機能があるのかもしれない。

でも、VNCリモートデスクトップアプリやKeynoteなどではアプリがポインタを出すんだから、Excelも独自にポインタを表示して操作可能にすればいいんじゃねーの?

Word編

起動するとこの起動画面。

f:id:shigeo-t:20141108051705p:plain

なんか説明ダイアログが立ちはだかる。右にスクロールしていく。

f:id:shigeo-t:20141108051822p:plain

一番右までスクロールするとサインイン画面。ここでも「後でサインイン」を選んでみる。

f:id:shigeo-t:20141108051925p:plain

無料で表示アイコンが出るのでアイコンをタップする。

f:id:shigeo-t:20141108051957p:plain

Excelのときと同じ内容のリリースノート。[完了]をタップする。

f:id:shigeo-t:20141108052407p:plain

テンプレート選択画面になる。ここから先はリリースノートにあるように有償範囲はグラフ要素なので、まあ普通に使える。

f:id:shigeo-t:20141108052608p:plain

PowerPoint

起動するとこの起動画面。縦でiPadを使っていてもここから先の画面は横向き強制である。

f:id:shigeo-t:20141108052659p:plain

Wordと同じように説明ダイアログが立ちはだかる。右にスクロールしていく。

f:id:shigeo-t:20141108052734p:plain

一番右までスクロールすると、サインイン画面になる。例によって「後からサインイン」を選択する。

f:id:shigeo-t:20141108052935p:plain

無料で表示アイコンが出るのでアイコンをタップする。

f:id:shigeo-t:20141108053010p:plain

リリースノートが表示される。Excel,Wordよりも多い。アニメーションの編集、テーマの変更も追加されている。しかし有償範囲はグラフ要素のみ。

f:id:shigeo-t:20141108053453p:plain

PowerPointの場合気になるのは編集機能だけでなく、元ドキュメントの表示再現性だろう。iPadでそのままプレゼンできるならPCを持って行かなくても済む。

Gmailだと添付はGoogle Docsでしか開かないようなのでOneDriveに入れてみたが、表示再現性はあまり問題ないようだ。他アプリで崩れそうな凝ったパワポは、スクリーンショット出すためには伏せる部分が多いのでスクリーンショットは省略。

あとスライドショー時は、タップしたままだとレーザーポインタ表示をしてくれる。

まとめ 

いやあ、iOSの仕様(マウス等のポインティングデバイスをサポートしない)を除けば、ほぼ普通にExcel,Word,PowerPointである。iOSがアプリだけでいいのでマウスをサポートしてくれればPC要らずである。少し操作箇所を変えるたび、いちいちタップしないといけないという点ではiOSが悪い。トラックポイント使いてえ。下のヤツ持ってるし、キーボードとしてはつないで使ってるし。