いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Zabbixの仮想アプライアンスを動かしてみる

日の出を撮りに行ったけど、水平線のまわりに雲が。

f:id:shigeo-t:20141103095021j:plain

 

仮想化の環境を複数持っているのに、一度も仮想アプライアンスを使ったことが無かった。仮想アプライアンスとはWikipediaでは下記のように書かれている。

仮想アプライアンスは、より広い意味を持つソフトウェアアプライアンスの一種である。ソフトウェアアプライアンスと同様、仮想アプライアンスは各種ソフトウェアを組み合わせたシステムを利用する際のインストール、設定、保守といった手間をなるべく省くようになっている。


仮想アプライアンスと仮想機械の概念上の大きな違いは、仮想アプライアンスではアプリケーションとオペレーティングシステム環境を事前にインストールして設定した状態であるのに対して、仮想機械はそれ単体ではアプリケーションを含まない点である。


一般に仮想アプライアンスは内部の設定をするためのウェブインタフェースを持つ。1つの仮想アプライアンスは通常、1つのアプリケーションを実行するもので、ネットワークアプリケーションの新たな配布方式となっている。

 

Zabbixのサイトを眺めていたら、仮想アプライアンスがあるようなので入れてみることにした。今回はVMware用を入れてみる。OpenSuSEというかSuSELinuxって初めてだな。

f:id:shigeo-t:20141103092513p:plain

ダウンロードはこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20141103092720p:plain

ダウンロードしたtar.gzを解凍するとVMDKファイルとVMXファイルになる。

f:id:shigeo-t:20141103093016p:plain

まずはVMware Playerに読み込ませる。

f:id:shigeo-t:20141103093124p:plain

起動する。

f:id:shigeo-t:20141103093213p:plain

f:id:shigeo-t:20141103093227p:plain

起動完了したらCUIだった。GUIかと思った。

f:id:shigeo-t:20141103093246p:plain

オンラインマニュアルにアカウント情報が書かれている。

f:id:shigeo-t:20141103093438p:plain

まずOpenSuSEにログインしてIPアドレスを調べる。

f:id:shigeo-t:20141103093609p:plain

IPアドレスがわかったのでブラウザでZabbixに接続。

f:id:shigeo-t:20141103093711p:plain

やはりクレデンシャル情報はオンラインマニュアルに書かれているので、サインインしてみる。

f:id:shigeo-t:20141103093755p:plain

 

Zabbixのサイトでは、この仮想アプライアンスについて、「本番で使うことは想定していない」と書かれている。でも、ちょっとお試しとか練習用にはすぐに使える。ダウンロード込で20分くらいでZabbixが立ち上がる。   

SUSE Linux

SUSE Linux