いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


CentOS 7にxrdpを入れてWindows RTからアクセスする

Windows RTにいい感じのVNCクライアントが無いので、ついカッとしてやってみた(挨拶)。

 

Windows RTには気に入るVNCクライアントが無かった

Windows RTはご存知の通り、通常はWindowsストアアプリしかインストールできない。有償のVNCクライアントはあったのだが、無償のお試しモードで使ってみたけどなんかごちゃごちゃしていて気に入らない。

CentOS 7にxrdpを

そんなわけで、Windows RT側に標準で入っているリモートデスクトップクライアントmstsc.exeを使うことにした。CentOS 7にxrdpを入れてmstsc.exeからアクセスする。

インストール~起動・自動起動登録手順概要

いくつか参考になりそうなサイトを探したが、CentOS 7だとあまり情報が無い。xrdpユーザ会をはじめ、いくつかのサイトの手順で試したみたが、うまくいったのは下記のものだけだった。


それでもお勧めのAutomaticではやはりうまくいかなかった(多分オレの手違い)ので、うまくいった手順を書いていく。

  1. Termを立ち上げsu - でスーパーユーザになっておく(プロンプト # の状態)
  2. EPEL*1rpmをインストール
  3. nuxデスクトップリポジトリファイルの作成。
  4. yumでxrdpインストール

起動と停止はsystemctlで。rdpの3389ポートがCentOSのファイアーウォールに引っ掛かっている場合は firewall-cmdで3389ポートを通すように設定する。

インストールコマンド

下記のコマンドを入れていく。上にも書いた通りスーパーユーザで実施する。

rpm -Uvh https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-2.noarch.rpm

# vi /etc/yum.repos.d/xrdp.repo

viでの作成内容は下記の通り。

[xrdp]

name=xrdp
baseurl=http://li.nux.ro/download/nux/dextop/el7/x86_64/

enabled=1
gpgcheck=0

yumインストールは下記の通り。

yum -y install xrdp tigervnc-server

xrdp起動と確認

xrdpのサービスを開始する。

# systemctl start xrdp.service

3389ポートが使えるかどうかはnetstatコマンドで。

netstat -antup | grep xrdp
tcp 0 0 0.0.0.0:3389 0.0.0.0:* LISTEN 3852/xrdp
tcp 0 0 127.0.0.1:335 0 0.0.0.0:* LISTEN 3851/xrdp-sesman

ファイアーウォールの設定 

疎通確認してCentOS 7のファイアーウォールで止まっているようだったら、下記のコマンドを実施。

# firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=3389/tcp
# firewall-cmd --reload

自動起動の登録

xrdpをinitに登録するのは下記のコマンド。

# systemctl enable xrdp.service

疎通確認

CentOS側で準備が整ったら疎通確認を行う。3389ポートが通らないとrdpプロトコルで接続できないので、同一LANでなければならない。遠隔で使用したい場合は何か別途VPNが必要。 

今回はサクっとつながった。mstsc.exeフルスクリーンだとスクリーンショットが撮れなかったのでちょっと見栄えが悪い。

Surface RTでmstsc.exeを起動し、CentOSIPアドレスをセットしたら[ 接続(N) ]をタップ。

f:id:shigeo-t:20141028040301p:plain

Windows相手の確認画面と内容が違うけど黄色い確認画面。[ はい(Y) ]をタップ。rdpのバージョンはどれくらい低いんだろう?

f:id:shigeo-t:20141028040518p:plain

mstsc.exeはフルスクリーンモードだとスクリーンショットが撮れなかったので、解除してからスクリーンショットを取得。xrdpのログイン画面が出ているのでCentOS 7のユーザID/パスワードを入力し、[ OK ]をタップ。

f:id:shigeo-t:20141028040713p:plain

接続情報が表示される。[ OK ]をタップ。最初のログインでは、もう一回上のログイン画面が出るのでもう一回ログイン。2度目からは多分一回ログイン操作でログインできる。

f:id:shigeo-t:20141028040804p:plain

無事CentOS 7に接続できた。

f:id:shigeo-t:20141028040859p:plain

 

VNCよりも操作感はいいかも。余裕があればOS Xでもxrdpの構築をやってみようと思う。なんかVMware Player上でYosemiteが動いているような気もするし。 

はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編 (TECHNICAL MASTER)

はじめてのCentOS7 Linuxサーバ構築編 (TECHNICAL MASTER)

 

 

*1:エンタープライズ Linux 用の拡張パッケージ