いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Windows Server 2012 R2でActive Directory構築

旨い物食いたい(挨拶)。

 

ちょっと思い立ったので自宅のActive Directory Serverを構築し直すことにした。

クリーンインストールしたWindows Serverを準備した。厳密にはクリーンインストールWindows Update掛けまくり(計3回、42個+1個+42個の85個)→sysprep→VMware vSphere Converterでクローニングだが。 手順は下記の通り。

 

サーバーマネージャーはこんな感じ。スクリーンショットを撮り忘れたが、Active Directoryを立ち上げあとに、このサーバのコンピュータ名を変えたくないので、事前にコンピュータ名の変更だけは済ませている。

f:id:shigeo-t:20141020195729p:plain

役割と機能の追加を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20141020195735p:plain

[ 次へ(N) > ]を選ぶ。

f:id:shigeo-t:20141020195741p:plain

今回はそのまま「役割ベースまたは機能ベースのインストール」を選び、[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195747p:plain

サーバープールを作っていないので操作しているサーバだけが選択肢にある。このまま[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195755p:plain

Active Directory ドメイン サービス」にチェックを入れる。

f:id:shigeo-t:20141020195802p:plain

ウィザード画面が出るので、[機能の追加 ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195813p:plain

Active Directory ドメインサービス」にチェックが入るので、[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195825p:plain

機能については追加不要なのでそのまま[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195835p:plain

説明だけなので[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195845p:plain

「必要に応じて対象サーバーを自動的に再起動する」にチェックを入れる。

f:id:shigeo-t:20141020202819p:plain

ウィザードが表示されるので[ はい ]をクリックする。ウィザードが消えたら[ インストール ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195905p:plain

インストールが始まる。

f:id:shigeo-t:20141020195915p:plain

インストールは終わったが、Active Directoryは設定されていない。「このサーバーをドメインコントローラーに昇格する」をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020203044p:plain

「新しいフォレストを追加する(F)」を選択する。

f:id:shigeo-t:20141020195929p:plain

ドメイン名を入力し、[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195934p:plain

今回はWindows Server 2012 R2やWindows 8.1よりも新しいOSしか接続しないので、フォレストもドメインも機能レベルをWindows Server 2012 R2にする。古いOSを接続する場合は機能レベルの設定は注意要。

f:id:shigeo-t:20141020195941p:plain

f:id:shigeo-t:20141020195947p:plainDSRMパスワードを設定し[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020203603p:plain

新規作成なのでそのまま[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195950p:plain

ドメイン名を設定し、[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020195955p:plain

ここも変更不要なので[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020200001p:plain

確認したら[ 次へ(N) > ]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20141020200007p:plain

上の枠内に[ インストール ]をクリックしろと書いてあるので、[ インストール ]をクリックする。する。

f:id:shigeo-t:20141020200309p:plain

インストール中。

f:id:shigeo-t:20141020200335p:plain

インストール完了すると、この前に[閉じる]が表示された帯がポップアップするのだが、スクリーンショット撮影が間に合わなかった。放っておくとこのように再起動する。

f:id:shigeo-t:20141020200342p:plain

再起動が終わると、このようにActive Directoryが有効になった状態でログイン画面になる。ログインする。

f:id:shigeo-t:20141020200348p:plain

このようにAD DSやDNSなどがサーバーマネージャーに追加され、エラーが無ければActive Directory構築は成功。

f:id:shigeo-t:20141020200354p:plain

GPOとか設定しなければ割合簡単である。以上おしまい。 皆さんも一家に一台Active Directoryいかがですか。

ひと目でわかる Active Directory WindowsServer 2012 R2版 (TechNet ITプロシリーズ)

ひと目でわかる Active Directory WindowsServer 2012 R2版 (TechNet ITプロシリーズ)