いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


ThinkPad X220をWindows 10 Technical Preview for Enterpriseに SSD換装・メモリ交換編

しばらくモバイル用PCはコレで(挨拶)。

 

はじめに

Windows 10 Technical Preview for Enterpriseについては、VM環境で目に付くところのチェックは済ませた。ただ、ずっと使ってみないと分からないところもあるだろう。まだ試していない機能もある。

 

というわけで、2015年4月15日の評価期限までThinkPad X220で使い続けることにした。ThinkPad X220は昨日のエントリの通り、中古PCを購入したもの。

 

出荷状態のチェック

Windows 7 Professional 32bitがインストールされている。MARプログラムというやつ。

f:id:shigeo-t:20141009101848j:plain

f:id:shigeo-t:20141009101849j:plain

SSDに換装 

Intel 530 Series 240GB

中古を買って安く上げた分、SSDにして高速化を図っておく。なんかかっこいいデザインになってる。530 Seriesにしたのは厚さ7mmだから。

f:id:shigeo-t:20141010094409j:plain

f:id:shigeo-t:20141010094828j:plain

内蔵ディスクの取り出し

X220の電源ケーブルを抜き、裏返しにしてバッテリーを外す。Windowsのラベルが貼ってある。リビルドするときに背面から移したのかも。再生PC用のMARの物では無いし、写真で見てもわかるように剥がして再度貼り付けたようで、うねっている。

f:id:shigeo-t:20141010095617j:plain

ディスク交換のために外すビスはこれ一本である。

f:id:shigeo-t:20141010095254j:plain

ビスを外してHDDを抜き出す。ディスクマウンターが付いている。

f:id:shigeo-t:20141010095953j:plain

完全に抜き出すとこんな感じ。 

f:id:shigeo-t:20141010100324j:plain

ディスクマウンターからHDD取り外し

ディスクマウンターを外すとこうなる。

f:id:shigeo-t:20141010100455j:plain

SSDをディスクマウンターに取り付け

今度はSSDにディスクマウンターを取り付ける。

f:id:shigeo-t:20141010100633j:plain

マウンターごと差し込んで、元通りキャップを閉めてねじ止めで換装作業はおしまい。 

f:id:shigeo-t:20141010101033j:plain

メモリ交換で2GBから16GBに

ThinkPad X220のメモリスロットは2つ。背面中央の蓋がメモリスロットのカバーである。ビス2本で開けられる。

f:id:shigeo-t:20141010101445j:plain

早速開いてみると、右スロットに1枚。

f:id:shigeo-t:20141010101717j:plain

抜いたらこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20141010101832j:plain

じゃーん。

f:id:shigeo-t:20141010102028j:plain

作業しやすいように並べる。

f:id:shigeo-t:20141010102229j:plain

きっちり差し込んで嵌めこむ。

f:id:shigeo-t:20141010102409j:plain

蓋を閉めてビス止めしてメモリ交換完了。

ステッカーチューン 

Intel SSDに付いてくるSPEED DEMONのシールを天板に。

f:id:shigeo-t:20141010102645j:plain

BIOSでメモリを確認 

メモリを交換したので、BIOSで確認する。16384MBと表示されているので、認識されていることが分かる。

f:id:shigeo-t:20141010103020j:plain

ディスクのほうはConfigの中を見れば確認できるのだが、写真を撮り忘れた。VT-xなどをONに設定してOSインストール作業へ。次回に続く。