いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


運動会といえばラジオ体操第2

今週のお題「運動会とスポーツの秋」

 

タイトル通りである。記憶が確かではないが、多分中学校2年か3年の時に運動会の集団演技としてやった。「ラジオ体操第2をやった」「きつい」は記憶にあるのだが、いつ・誰との記憶が欠落している。もしかすると忘却したかったのかもしれない。

 

ラジオ体操をなめてはいけない。真面目にやるとその狙い通り全身の様々な筋肉を動かす。ラジオ体操 - Wikipediaからラジオ体操の狙いについて引用する。

職場向けとして制定。「体をきたえ筋力を強化することにポイントを置いて」いる。ややテンポの速いメロディで、第1より運動量が多い。主に小学校高学年から高等学校で使われている。

というわけで、一回やるだけでも、真面目にやれば短時間である割にはキツい運動である。


ラジオ体操第2 - YouTube

 

運動会本番では一回やるだけなのでそれほどキツくない。しかしである。練習と称して運動会本番に至るまで何日も何度も全体練習をさせられた。その1時限内ずーっとラジオ体操第2である。全員がきちんと揃っていることが教師側のチェックポイント。不真面目な奴もいれば、体力や運動神経的に皆に揃えることが難しい奴もいる。こんなもん、真面目に10回もやれば中学生だってヘロヘロである。ラジオ体操第2はキツい。そんなおもひで。

 

今のオレの体力だと、(↓)一回程度の負荷でいいんじゃないだろうか。


YMO 体操 - YouTube

 

もうラジオ体操であんなにキツい思いはしたくない。