いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Windows Server Technical Preview を使ってみる その4

雨だ(挨拶)。外暗い。

 

今回はディスプレイ廻り。動きはWindows 10 Technical Previewも共通。

関連エントリ 

ディスプレイ間のアプリ移動

タスクバー上にあるTask viewアイコンを押すとディスプレイが増やせることはすでに報告済み(Windows 10 Technical Preview for Enterprise を使ってみる 主に見た目編等)。複数のディスプレイが作れ、ディスプレイ間を行き来できるということは、アプリも移動したい局面も出てくる。

最初のディスプレイに複数アプリを起動する。

f:id:shigeo-t:20141005060148p:plain

Task viewアイコンをクリックする。

f:id:shigeo-t:20141005060239p:plain

一枚ディスプレイを追加する。ここまではディスプレイ間でアプリ移動の機能を説明するための準備。

f:id:shigeo-t:20141005060304p:plain

一枚目のディスプレイを選択し、ディスプレイ間で移動させたいアプリを右クリックする。今回はServer Managerを移動させる。ポップアップするメニューにはMove toとCloseがある。

f:id:shigeo-t:20141005060330p:plain

Move toを選択すると、 移動候補のデスクトップ(今回はDesktop 2)が選択肢として表れる。

f:id:shigeo-t:20141005060639p:plain

上の状態でDesktop 2を選ぶとアプリはDesktop 2に移動する。下のディスプレイ選択部分を見るとServer Managerが移動していることが分かる。操作をしているウィンドウ側からは移動したアプリ(Server Manager)が無くなっている。

f:id:shigeo-t:20141005060834p:plain

通常の操作画面のほうで色々やってみたのだが、ディスプレイ間を移動するメニューは出せなかった。もしかすると存在するのかもしれない。しかし、もしTask viewにしかディスプレイ間アプリ移動機能が無いとすると、アプリを移動するためのアクションが多くて煩雑なような気がする。

マルチディスプレイ状態はまだ作っていないので、この機能とマルチディスプレイの組合せは後報。

スタートメニューのタイル部分の設定・変更

スタートメニューにModern UIと同じようなタイル表示がある。この部分の設定・変更方法は下記の通り。

このタイル部分はすでにいじったあとである。アプリのタイルを右クリックすると、このようなメニューが表示される。

f:id:shigeo-t:20141005065528p:plain

Unpin from Startを選ぶとアプリの表示を消すことができる。

f:id:shigeo-t:20141005065735p:plain

何も置かれていないところで右クリックするとこのようなメニュー。これはいずれも通常のスタートメニューと共通。

f:id:shigeo-t:20141005065837p:plain

Personalizeを選ぶと、Color and Appearanceが表示される。

f:id:shigeo-t:20141005065918p:plain

色を選ぶとその色に設定される。

f:id:shigeo-t:20141005070027p:plain

Propertiesを選ぶと、Taskbar and Start Menu Propertiesが表示される。詳細は機能追加されているかも知れないが、現行Windows 8.1Windows Server 2012 R2までとあまり変わらないので詳細は省略。

f:id:shigeo-t:20141005070121p:plain

今度はアプリタイルのサイズ変更。右クリックでメニューを表示させ、Resizeを選ぶとアプリのタイプに応じて設定できるサイズがメニュー表示される。

f:id:shigeo-t:20141005070338p:plain

次はアプリのタイル追加。左の一覧側で右クリックするとこのようなメニューが表示される。 

f:id:shigeo-t:20141005070458p:plain

Pin to Startを選ぶと下のようにタイルで追加される。

f:id:shigeo-t:20141005070539p:plain

ドラッグすると表示位置を変更できる。

f:id:shigeo-t:20141005070905p:plain

ストアアプリ以外もタイル表示できることもWindows 8/8.1Windows Server 2012/2012 R2と同じ。Calculatorを右クリックする。Pin to Startを選ぶ。

f:id:shigeo-t:20141005071111p:plain

タイルに追加される。

f:id:shigeo-t:20141005071138p:plain

ストアアプリと同様のメニューに実行ユーザ選択(管理者、他ユーザ)等が追加されている。

f:id:shigeo-t:20141005071253p:plain

サイズを変更する。

f:id:shigeo-t:20141005071310p:plain

小さいタイルになった。

f:id:shigeo-t:20141005071334p:plain

これをドラッグしてファイナンスの隣に置く。

f:id:shigeo-t:20141005071401p:plain

といった感じで、この部分はWindows 8/8.1Windows Server 2012/2012 R2のModern UIスタート画面と同じように自分好みに設定可能。

これは、どこにどのように設定情報が格納されるのかが分かれば、企業ユーザの設定をGPOやログインスクリプト等で設定情報を配布できる。

アカウントのロック/サインアウト

スタートメニューでアカウントの部分を右クリックするとこのようなメニューが表示される。電源ボタン左クリックではロック/サインアウトはメニュー表示されない。

f:id:shigeo-t:20141005071911p:plain

 

といったわけで、画面周りでWindows 8/8.1、Windows Server 2012/2012 R2との差異は大体確認終わり。 

シンクライアントが変える 企業ITインフラ 改訂版

シンクライアントが変える 企業ITインフラ 改訂版

 
Windows 8 新機能徹底検証 (インプレスムック)

Windows 8 新機能徹底検証 (インプレスムック)