いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Kindleで「ライセンスの制限に達しました」が表示されたら

蒸し暑い(挨拶)。

 

まあ明日も出社してティーチャーをするわけだが、iPadだとHDMI電源ケーブルも短いのでちょっと不便。ケーブルの持ち合わせを考えると、あまり使っていないThinkPad Tablet(初代)を活用すればいいんじゃないかという脳内会議の結果が出たので準備してみた。

 

でもよく考えたら、延長ケーブルを買って持って行ったほうが軽いという事実に気付いた。ThinkPad Tablet+キーボードフォリオケースって1311gもあるんだった。まあいいか。

 

一冊目は問題ない。

f:id:shigeo-t:20140906112431p:plain

ところが2冊目は である。

f:id:shigeo-t:20140906112718p:plain

タップすると「ライセンスの制限に達しました」メッセージダイアログが表示される。

f:id:shigeo-t:20140906113125p:plain

 

そんなん知らなかった!

 

ハードウェアのKindle以外にダウンロードできる上限は5台までらしい。らしいというのも、Amazon.comAmazon.co.jpのヘルプで検索しても5台という制限を見つけられないため。

Amazon.co.jp ヘルプ: AMAZON KINDLEストア利用規約 

 

殺人ライセンス

殺人ライセンス

 

 

オレはAndroid-x86だのGenymotionだのBlueStacksだのDuOS-MだのAndroidをPCに入れてはKindleを動かしていたんだった。特にKindleのことは気にせずにもう消してしまった環境もあるし、困ったもんだ。そこで最新のDuOS-Mからコンテンツを消すことにした。

f:id:shigeo-t:20140906114427p:plain

「同期」の画面に切り替えてコンテンツアイコンを長押しする。ゴミ箱アイコンが出るのでそれをタップ。

f:id:shigeo-t:20140906114443p:plain

すると実際に削除される。

f:id:shigeo-t:20140906114600p:plain

しかしこれでは新たにダウンロードしたいThinkPad Tabletのほうの状況は変わらなかった。

そこで、DuOS-MのKindle for Androidの登録解除をすることにした。左側に表示されている「端末の登録解除」をクリックする。「サインアウトの確認」というダイアログが表示されるので[サインアウト]をクリック。

Kindle for AndroidにはAmazonのアカウントが設定されていない状態になる。

f:id:shigeo-t:20140906115356p:plain

 

これで再度ThinkPad Tabletのほうで試してみる。無事にダウンロード開始し、ダウンロードできた。

f:id:shigeo-t:20140906115456p:plain

 

今回の件で反省したので登録済のKindleアプリを削除しまくった。まあ先にこっちで削除すればよかったかもしれない。中間の数字のもの(2nd~)は消したあとだけど、10thとかいっぱい作り過ぎw。

f:id:shigeo-t:20140906115608p:plain