いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


TORQUE G01の問題点

ダルい(挨拶)。メールエントリはあまり使い物にならない(昨日のエントリ)ことがわかったので、今日はちゃんとPCから書いている。

 

TORQUE G01に機種変したったのアクセス数が多いようなので、オレの個人的な意見を書いておく。前提であるが、こういう端末が欲しくて買ったので「デカい」とか「ゴツい」とかという点については文句は無い。現行販売機種だと「薄い」はあっても「小さい」はあまり多くなさそうだが、いずれにせよ小さくコンパクトなスマホが欲しいのであれば、TORQUE G01は買わないほうがいい。

 

まずTORQUE G01の大きな特徴は、やはり近頃少ないハードウェアボタン搭載という点だろう。一般の機種では電源ボタン、音量上下ボタン以外はソフトウェアボタンになっていることが多い。TORQUE G01の場合、Androidのホームボタンや戻るボタン、アプリ起動履歴ボタンがハードウェアボタンになっている。

また、右側下部にカメラボタン、左側中央部の音量上下ボタンの下にダイレクトボタンという独自のハードウェアボタンが存在する。

f:id:shigeo-t:20140822062736j:plain

問題はこのハードウェアキーのうち、電源ボタン、ホームボタン、ダイレクトボタン(設定による)で電源ONとなるのだが、クリックが軽すぎること。ズボンのどのポケットに入れていても勝手に電源ONとなっていることがある。いや、上着やシャツのポケットに入れている時さえ、電源ボタンを下にして入れていると、たまに電源ONになっている。いくらなんでも軽すぎるだろ。

電源が入るだけならまだいいのだが、ヤバいのは緊急通報ボタン(ソフトウェアボタン)が大きく、ついでにそっちまで押されていることがあること。TORQUE G01の場合は、手袋したままでも操作可能というタッチパネルなので、ポケット内で電源が入ると、なにかのはずみで緊急通報ボタンまで押される可能性が高い。というか、実際に緊急通報ダイヤル画面に切り替わっていていくつか数字が押されていたこともある。ほら緊急通報って3桁じゃないですか。意味のある数字(110とか119とか)が勝手に押されていたりしたらと思うとゾッとする。

f:id:shigeo-t:20140822062528j:plain

こういうコンセプトの商品なんで、もう少しボタンのクリック感は重くてよかったんじゃないですかね。あと緊急通報ボタンはソフトウェアなんで、なんとかして欲しい。 

 

まあ、あとは不要な自動起動アプリのせいと、ディスプレイの消費電力のせいでバッテリーバカ食いぐらいですかね。最初あまりにバッテリーの減りが早くて驚いたので、輝度はオートに戻し、不要な自動起動アプリを落としまくってなんとか実用レベルに。最初は持ち歩いているだけでバッテリーがガンガン減り、使うとすごい勢いで減るという感じだった。バッテリー交換できない機種なので、勘弁して欲しい。

 

特定の人しか買わない機種だと思うので、まあこんなところですかね。 

あ、そうそうQiではちゃんと充電できますよ。なんかほんのり熱いけど。