いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


腕がある

雨の七夕(挨拶)。

 

小ネタ。ネタ元は失念したけどブログかツイートか何かで昔見た話。

美容院の名前にはアームス、アームズ、arms、Arms、ARMSなどが多い。実際にぐぐってみても、非常に多くヒットする。

美容院 "アームス" - Google 検索 約 39,400 件 (0.29 秒)

美容院 "アームズ" - Google 検索 約 141,000 件 (0.24 秒)

美容院 "Arms" - Google 検索 約 196,000 件 (0.17 秒)

armsという単語の通り「腕」を意味する。女性客がメインの美容院としては非常に不釣合いな名前である。なんで美容院に「腕」なんてゴツい名前を付けるんだろうか?

 

ネタ元の見解は、『技量があることを日本語で「腕がある」という。だから直訳したのではないか』というもの。確かにそうでなければ、こんなに多くの店が「腕」などという美容院に合わないゴツい名前を付ける理由が無い。

f:id:shigeo-t:20140707093557j:plain

左アッパーを繰り出すねこ 当然「腕がある」

 

もちろん「腕がある」をきちんと「技量がある」で翻訳すればarmsなどという単語は出てこず、skill(スキル)になる。語感からすると、「美容院スキル」「スキル美容院」じゃあんまりいい感じじゃないけど。

 

ここで教訓などを引っ張り出すのはおっさんくさいので、オレの好きな無理矢理直訳を書いて終わりにする。八王子エイトプリンス赤羽レッドウイング

誤訳の構造

誤訳の構造