いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


CentOSにGenymotionを入れようとしたら結構面倒#2 Ubuntuにしたけどまだ動かないだよ編

夜帰ってくるころには大雨っぽい(挨拶)。

 

たまたま動いているCentOSにGenymotionを入れようとしたら動かなかった前回(CentOSにGenymotionを入れようとしたら結構面倒#1)。

CentOSGLIBC_2.14,2.15を入れるために色々やったが、どれもうまくいかなかった。yumで入れる作戦もrpmをインストールする作戦もうまくいかない。

f:id:shigeo-t:20140611091434j:plain

調べてみるとCentOSGLIBC_2.14,2.15を入れるのは相当面倒(centosのglibcのアップグレード - Linux系OS - 教えて!goo)のようだ。FedraのEPELにも確かに入っていない。

そこで基本に戻ってGenymotionのダウンロード画面へ。Cromeで日本語訳した画面は下記の通り。

f:id:shigeo-t:20140611091957p:plain

他のLinuxディストリビューション(RedHat,Fedra、…)は正式にサポートされていません

ということで、Ubuntu系かその下のDebianじゃないと動かないようだ。ただ、DebianのほうはDebianのほうで「インストーラパッケージはDebianと互換性がない」という表記が。こうなるとまずは素直にUbuntuにしてみるしかないだろう。

 

ということでUbuntuをインストール。詳細は割愛。今回はUbuntu Desktop 日本語 Remixを使用。

f:id:shigeo-t:20140611092650j:plain

続いてVirtualBox。ダウンロードしてインストールをする。Ubuntu14.04なのでそのi386用を選択。これもインストール手順的には前回と被るので詳細は割愛。

f:id:shigeo-t:20140611093341p:plain

f:id:shigeo-t:20140611093404p:plain

f:id:shigeo-t:20140611093436p:plain

f:id:shigeo-t:20140611093457p:plain

起動まではなんとか行くんですよ。VirtualBox

f:id:shigeo-t:20140611093620p:plain

ところがUbuntuを再起動すると壁紙は出るがUnityが起動しない。まっさら。何度もチェックポイントを変えながらやり直した(OSインストールからw)ので間違いないが、VirtualBoxインストール後、一度でもOSをシャットダウン・再起動すると下記のようになる。

f:id:shigeo-t:20140611093727p:plain

なんかもうよくわかんない。ターミナル起動もうまくできない。[Ctrl][Alt]+[T]でも起動しない。

なんか色々キーを押しているうちにXが落ちてCUIのログインになったのでログインし、Unityでリセット掛けようとするとunityコマンドをインストールしろと。unityコマンドをインストール後Unityをリセットしたが、今度はsoftware-centerもgnome-termnalも無い。もちろんインストールしたはずのVirtualBoxも見つからない。gnome-termnalはインストールできたが、software-centerは入らず、tarでもVirtualBoxdebをインストールできず(エラーが起きる)。

f:id:shigeo-t:20140611094954p:plain

ということで今のところUbuntuでもGenymotionは動いていない、というかインストールの段階に進んでいない。まあWindowsで動かせばいいので別にLinuxで動かさなくてもいいのだが、ここまで来ると意地だな。ということで意地があったら次回はあるw。今回はここまで。

 

Ubuntu使いにくいわ。オレの好みではないがノートラブルならそこそこの操作性なんだろうが、こういう風にトラブってしまうと相当面倒。

よく考えたらCentOSのときはVirtualBoxまでは問題なく、Genymotionだけが問題だったのに、Ubuntuでは一歩戻ってVirtualBoxの段階。デグってるww。さすがOS Xに負けるデスクトップOSだけのことはある。