いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


VMware ESXiのゲストOSをクローニングする

久々にもふもふできたのに、レンズが汚れてた(´Д⊂ヽ。全部こんな風に中央左上がぼやけてる(挨拶)。

f:id:shigeo-t:20140514091237j:plain

前回までのあらすじ

 ASUS VivoPC VC60にVMware ESXiを入れ、操作するThinkPad W520にはVMware vSphere ClientとVMware vCenter Converter Standaloneを用意、さらにはESXiのデータストアにISOファイルをコピーした。ISOファイルをコピーしておいたにも関わらず、なぜか物理光学ドライブからOS Xをインストール。VMware Playerなどで作成したVMはV2Vでクローニング。細々とした設定をするためにはSSH接続が必要なので、接続設定をした。

■関連エントリ(新しい順)

ESXi上のVMのクローニング 

ESXiを(無償提供される範囲で)操作するためには、通常VMware vSphere Clientを使用するわけだが、機能を見ていくとVMのクローンを作ることができない。

f:id:shigeo-t:20140514092400p:plain

他の手法もあるだろうが、VMwareが無償提供する範囲ですっきりクローニングするためには、VMware PlayerからVMをクローニングした時と同じように、VMware vCenter Converter Standaloneを使用する。

クローニング作業

VMware vCenter Converter Standaloneを起動し、クローン元VMの参照を行う。まずは対象ESXiに接続する。

f:id:shigeo-t:20140514092613p:plain

電源ONだとクローニング対象とならない。

f:id:shigeo-t:20140514092648p:plain

クローニングしたいVMの電源をOFFにしておく。

f:id:shigeo-t:20140514093201p:plain

電源OFFになっていると[Next >]は活性化されており先に進むことができる。またその右上にある「View source details …」もクリック可能でVMの構成を参照可能。今回は[Next >]をクリックし先に進める。

f:id:shigeo-t:20140514093526p:plain

ちょっと時間が掛かる。

f:id:shigeo-t:20140514093549p:plain

今度はクローン先の指定。同じESXiに作成するのであれば同じESXiを指定する。

f:id:shigeo-t:20140514093656p:plain

名前の指定に進む。元が「Win2012R2A」なのでそれがName:に表示されている。

f:id:shigeo-t:20140514093837p:plain

同じ名前だと(1)とか付いていくので今回は「Win2012R2B」に書き換え、[Next >]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140514093944p:plain

書込み先を指定する。このESXiには選択肢が無いので、そのまま進める。

f:id:shigeo-t:20140514094024p:plain

作成するVMの構成の確認・変更画面が表示される。良ければそのまま[Next >]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140514094123p:plain

最終確認画面。上がクローン元、下がクローン先。良ければ[Finish]をクリックする。

f:id:shigeo-t:20140514094233p:plain

クローニングがスタートすると、vCenter Converterはこんな感じ。

f:id:shigeo-t:20140514094337p:plain

クローニング中のvSpehre Clientはこんな感じ。VMのほうはあまり動かしていないが、クローニングのためにCPUなどが使用されていることがわかる。

f:id:shigeo-t:20140514094606p:plain

同一マシン内のクローニングで、HDDは一基。そのため、I/Oネックでクローニングに時間が掛かる。しかし、同じ内容のVMを沢山作りたい場合、インストール~Windows Updateや機能・役割の追加を台数分実施するよりはクローニングのほうが速くできる場合が多い。

今回はSysprepを掛けていないため、起動後は同時に起動する前にコンピュータ名などを変更する必要がある。というわけで次回はSysprepをやるはず。

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応

VMware徹底入門 第3版 VMware vSphere 5.1対応

 
VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる

VMwareの基本 ~仮想化のための設計・構築・運用のポイントがわかる

 
できるPRO VMware vSphere 5 (できるPROシリーズ)

できるPRO VMware vSphere 5 (できるPROシリーズ)