いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


VMware ESXiにSSHで接続してホスト名を設定する。

GW終わりました。冷やし中華はじめまし…  まだか(挨拶)。

 

前回までのあらすじ

ASUS VivoPC VC60にVMware ESXiを入れ、操作するThinkPad W520にはVMware vSphere ClientとVMware vCenter Converter Standaloneを用意、さらにはESXiのデータストアにISOファイルをコピーした。ISOファイルをコピーしておいたにも関わらず、なぜか物理光学ドライブからOS Xをインストール。VMware Playerなどで作成したVMはV2Vでクローニング。

■関連エントリ(新しい順)

SSH接続の準備(VMware vSphere Clientでの操作)

VMware ESXiの基本的な操作はVMware vSphere Clientから実施できる。ESXiをインストールしたマシンのほうでログインして多少の操作も可能。しかし、ちょっとした細かい作業はSSH接続してコマンド操作する必要がある。

今回はSSH接続した後はホスト名の設定を例として実施。このSSH接続の環境は前々回VMware ESXiにゲストOSをクリーンインストールする手順でインストールしかかったOS Xのインストールがうまくいかないので、あれこれちょっと実行するために準備したのだが、それはこのブログには書かないので(以下省略)。

まず、VMware vSphere Clientを起動し、[構成]タブをクリック。

f:id:shigeo-t:20140507091052p:plain

「ソフトウェア」の「セキュリティ プロファイル」をクリックし、プロパティをクリック。

f:id:shigeo-t:20140507091132p:plain

サービス プロパティが表示される。

f:id:shigeo-t:20140507091403p:plain

ESXiシェルとSSHを動かす。

まずESXiシェルの行をクリックすると[オプション]というボタンが出る。これをクリックすると、「ESXi シェル (TSM) オプション」というダイアログが表示される。[開始]をクリックし、[OK]を押す。 

f:id:shigeo-t:20140507091832p:plain

同じようにSSHを起動する。SSHの行をクリックすると[オプション]というボタンが出る。これをクリックすると、「SSH (TSM-SSH) オプション」というダイアログが表示される。[開始]をクリックし、[OK]を押す。 

f:id:shigeo-t:20140507092011p:plain

2つのサービスが起動され、実行中になっていることが確認できる。ここで[OK]を押しサービスプロパティを閉じる。

f:id:shigeo-t:20140507092101p:plain

[サマリ]タブに戻ると、「構成の問題」というアラート表示があり、さきほど起動したESXiシェルとSSHが有効になっている旨が表示されている。運用上問題なければこのままでもいいし、運用上というかセキュリティ的に問題あればSSH接続が終わったら速やかに両サービスを停止すればいい。手順は先ほどと同じような感じで押すボタンが[停止]になるだけ。あと、先の手順ではあえて起動ポリシーは触らなかった。そういうわけでESXiを再起動すると、ESXiシェルサービスとSSHサービスは停止状態となる。

SSH接続

普通のWidowsユーザはここでTera Termなんだろうけど、なんか昔からTera Termは気に入らなかった。うまく説明できないけど単なる個人的な好みの範疇で。そういうわけで、今回はRLogin(rlogin/telnet/ssh(クライアント)ターミナルソフト)を使用。まあSSHできればなんでもいいんだけど。

f:id:shigeo-t:20140507093352p:plain

接続する。

f:id:shigeo-t:20140507093431p:plain

IPアドレスもユーザIDもパスワードもVMware vSphere ClientからESXiに接続しているものと同じ。2回くらい聞かれるはず。あと、初回はなんか証明書がどうたらも出るはず。

f:id:shigeo-t:20140507093444p:plain

接続できるとこんな感じ。今回はesxcliコマンドを使うのでまずesxcliとタイプしてみる。使用できるオプションが表示される。

f:id:shigeo-t:20140507093904p:plain

今回はホスト名の変更なのでesxcli systemをタイプしてオプションを見る。

f:id:shigeo-t:20140507094055p:plain

今回はホスト名の変更なのでesxcli system hostnameをタイプしてオプションを見る。

f:id:shigeo-t:20140507094127p:plain

esxcli system hostname setでオプションが分かったので、

  # esxcli system hostname set --host="新ホスト名" --domain="新ドメイン名"

を入力。続いて確認のため、

  # esxcli system hostname get

を入力。setサブコマンドのとおり、vmsys01.ttrに変わっていることが確認できる。ホスト名はVMware vSphere Clientでも確認できる。

f:id:shigeo-t:20140507094725p:plain

まあ今回は手順をなぞったので、この操作前も同じホスト名なんだけどね。

 

てなわけでおしまい。そんじゃーね。