いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCを動かす(ThinkPad X200編)

東証一部上場企業って、いつ全部上場するんですか?(挨拶)。というネタを思い出してしまい、一人で笑う朝。

 

■関連エントリ

【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCを動かす(VMware編) 

【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCメニュー構成

【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCインストールできたもの 

 

Windows Thin PCは実機にインストールしないと意味が無いので、玉突きで完全にブランクのハードディスクを作りインストールしてみた。インストールの基本的な画面遷移は以前の【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCを動かす(VMware編)と同じなので詳細は省略する。

 

例によって尿液晶になっているThinkPad X200(やばい、X200ちゃんの液晶が尿液晶に)を使用する。簡単にディスクを交換し、インストールを始める。

f:id:shigeo-t:20140404090027j:plain

f:id:shigeo-t:20140404090143j:plain

f:id:shigeo-t:20140404090322j:plain

f:id:shigeo-t:20140404090435j:plain

f:id:shigeo-t:20140404090552j:plain

インストール開始。

f:id:shigeo-t:20140404090803j:plain

ここで日本語を選択したら、IMEがインストールされた。VMware Playerでインストールしたときとの違いである。

f:id:shigeo-t:20140404090911j:plain

f:id:shigeo-t:20140404091029j:plain

f:id:shigeo-t:20140404091422j:plain

f:id:shigeo-t:20140404091642j:plain

f:id:shigeo-t:20140404091745j:plain

f:id:shigeo-t:20140404091905j:plain

f:id:shigeo-t:20140404092011j:plain

f:id:shigeo-t:20140404092120j:plain

無線LANの接続画面が来る。インストール直後でもドライバ類は問題ないようだ。 

f:id:shigeo-t:20140404092414j:plain

14:00からインストールを始めて14:23に完了。速い!

f:id:shigeo-t:20140404092552j:plain

 まずプロパティ。ThinkPad X200には8GBのメモリを積んでいるが(Lenovo公称4GBまで)、32bitOSなので3GBしか使えていない。逆にWindows Thin PCは1GBあれば動くOSなので、そういう低スペックPCでも試してみたいところ。

f:id:shigeo-t:20140404093125p:plain

ポインティングデバイスMicrosoftジェネリックなドライバだったのでTrackPoint Driverをインストール。問題なくトラックポイントが動く。

f:id:shigeo-t:20140404093449p:plain

f:id:shigeo-t:20140404093512p:plain

デバイスマネージャを動かしてみる。特にドライバインストールしていないNICIntelの5300(無線)、82567LM(有線)共に認識されている。Other devicesには指紋認証ユニットなどが残っている。

f:id:shigeo-t:20140404093731p:plain

 「【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCインストールできたもの」にも追加するが、実機ということでVMware Playerを入れてみるとインストールできた。

f:id:shigeo-t:20140404094245p:plain

そこで、ちょっとゲストOSを動かしてみる。なにせWindows Thin PCは32bitOSなのでリソースが厳しい。普段使っているThinkPad W520のように快適には動かないが、実用上問題ない程度にはOS Xが使える。OS XゲストOSの作り方はこのブログには多分書かないので、ぐぐって調べるといいです。

f:id:shigeo-t:20140404094323p:plain

ThinkPad X200Centrino 2 P8600って2.4GHzなんだけど、OS X Snow Leopardはなんで4.3GHzだと思っているんだろ。

 

あとはTeamViewerは他PC接続も被接続も問題なし。PCの蓋を閉めるときちんとサスペンドして開けると復帰するし。なおThinkPad X200での起動時間はパスワード手入力3秒を加えても1分24秒。HDDなのにSSDVistaより速い。

 

実機で動かしてみて判明した問題点。

 Windows Thin PCが未サポートの機能

 .NET Framework 3.5が入らないと結構色々なソフトウェアがインストールできない可能性がある。今回は実機がThinkPad X200なのでLenovoのThinkVantage System Updateを入れて一気にドライバ類をアップデートしようとした。いつもはこれで一気にドライバの置き換えが完了する。ところがこのThinkVantage System Updateは.NET Framework 3.5 SP1が必要。.NET Frameworkも4.0 SP1なら入るのに(´・ω・‘)。

補足だがMicrosoft Security Essentialsはインストールできるし動作もする。今回はWindows Thin PCを評価目的で動かしているのでインストールしたが、Windows Thin PCをWindows SAやWindows VDAで動かしている時は、個人向けのみにしかライセンスしないMicrosoft Security Essentialsはライセンス違反になる。他のセキュリティソフトが必要。

 

最後にmsinfo32.exeの比較。

VMware

f:id:shigeo-t:20140404100721p:plain

X200

f:id:shigeo-t:20140404100738p:plain

Localeを見比べるとUSと日本。VMware版のほうはUSだからIMEがインストールされなかったようだ。今度はVMware Playerのほうで簡易インストールではなくインストールを掛けてみる。

 

こうやってWindows Thin PCを触っていると、これで必要十分という気もする。.NET Framework 3.5がインストールできない点をどう回避するかがポイントだが、リモートデスクトップやRemoteApp、及びCitrix Receiverなどでサーバからリモートでアプリケーションを提供すればいいので、どうしても実機インストールが必要なアプリ以外は問題ないだろう。

そしてWindows 7ベースのWindows Thin PCを触っているとWindows 7も結構いいなあ、ThinkPad X200Windows 7にしようかなという気も起きる。尿液晶なんだけどw

■関連エントリ

【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCを動かす(VMware編) 

【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCメニュー構成

【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCインストールできたもの