いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Parallels Desktop 9 for Macに色々ゲストOSを入れてみる

思ったよりも雨の降る時間が長いじゃないか(挨拶)。

 

■関連エントリ

 

Parallels Desktop 9 for Macを入れた時に新規仮想マシンダイアログに、色々なゲストOSのインストール方法やデフォルトの仮想アプライアンスが見えていた。

f:id:shigeo-t:20140330101338p:plain

そういうわけで色々インストールしてみる。今回はChrome OS(左側中段)とAndroid(左側下段)、「DVD/イメージファイルからWindows/その他OSをインストール」を使ってWindows Server 2012のインストールを実施。

ちなみにWindows Thin PCも試してみたがうまくいかなかった。時間があるときに別途リトライしてみる。

 

Chrome OS

Chrome OSって書いてあるからChrome OSって単体で使えたっけ?と思って調べたら、やはり単体提供は無いみたい(Google Chrome OS - Wikipedia)。じゃあ、これは何よとか思いながらインストールしてみる。

f:id:shigeo-t:20140403103636p:plain

 容量は346.3MBであまり大きくない。

f:id:shigeo-t:20140403103651p:plain

やっぱりchromiium。

f:id:shigeo-t:20140403103833p:plain

日本語設定にする。細かい設定内容は見なかったがプロキシ設定ができるので、企業内で端末とするのには問題ない。

■関連エントリ

Windows XPサポート終了に対して、Chromebook+VMware Horizon Viewを適用するなんて、お金が余っている会社じゃなきゃ無理がある

 

 f:id:shigeo-t:20140403104030p:plain

アカウントに表示する画像の選択画面になる。

f:id:shigeo-t:20140403104137p:plain

ペンギンかわいいよペンギン。

f:id:shigeo-t:20140403104209p:plain

インストールが終わったみたい。何もない。

f:id:shigeo-t:20140403104305p:plain

いつも使っているChromeの通りかなと思い、左側のアイコンを押してみる。

f:id:shigeo-t:20140403104342p:plain

Chromeを開いてみる。

f:id:shigeo-t:20140403104433p:plain

f:id:shigeo-t:20140403104442p:plain

f:id:shigeo-t:20140403104452p:plain

というわけで何かアプリを入れてみればいいんだけど、飽きてきたのでこれでおしまい。

Android

Androidを入れてみる。

f:id:shigeo-t:20140403105039p:plain

ふーん、Androidもあるのかー(棒って思っていたらAndroid-x86だった。

f:id:shigeo-t:20140403105101p:plain

インストール画面を撮る暇も無くインストール終了。Macの画面からこのダイアログ以外Parallelsのウィンドウは何もなくなってしまった。

f:id:shigeo-t:20140403105310p:plain

出来上がっているみたいなので仮想マシンを開いてみる。

f:id:shigeo-t:20140403105420p:plain

いつものAndroid-x86

f:id:shigeo-t:20140403105514p:plain

画面サイズを変えたいところだが、飽きてきたのでいくつかのアイコンを操作してみて終了。

f:id:shigeo-t:20140403105630p:plain

Windows Server 2012

Windows Thin PCをやってみたら失敗した。後回しにしてWindows Serverを入れてみる。

f:id:shigeo-t:20140403110002p:plain

Windows Server 2012評価版の媒体DVD-RをMacにマウント。ここからインストールする。

f:id:shigeo-t:20140403110126p:plain

Windows Server 2012も実は一回やり直した。 そのためこの画面は初回と変わっている。一回目もきちんと入ったのだが……。

f:id:shigeo-t:20140403111522p:plain

評価版なのでプロダクトキーを入れずにインストールを進める。そのため、上の「高速インストール」のチェックを外し、[続行]を押す。

f:id:shigeo-t:20140403111707p:plain

とりあえずPCライクでインストールする。

f:id:shigeo-t:20140403111747p:plain

名前を入れて[続行]を押す。

f:id:shigeo-t:20140403111841p:plain

EFIなのね。そりゃそうかホストはMac miniだし。

f:id:shigeo-t:20140403111936p:plain

f:id:shigeo-t:20140403111948p:plain

f:id:shigeo-t:20140403112000p:plain

インストーラが起動されてくる。

f:id:shigeo-t:20140403112029p:plain

f:id:shigeo-t:20140403112048p:plain

 [今すぐインストール(I)]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140403112100p:plain

f:id:shigeo-t:20140403112155p:plain

初回で間違ったのはココ。間違ってServer Coreを選んでしまった。Server CoreはGUIがほとんど無く、GUIメインで作られているWindows Serverの場合、設定画面出すのも一苦労。そういうわけで、再インストールに至った。

f:id:shigeo-t:20140403112355p:plain

アップグレードを選ぶとインストールできないので、カスタムを選ぶ。

f:id:shigeo-t:20140403112527p:plain

[次へ]をクリック。

f:id:shigeo-t:20140403112557p:plain

このあと勝手に2度ほどリブート。

f:id:shigeo-t:20140403112633p:plain

f:id:shigeo-t:20140403112646p:plain

f:id:shigeo-t:20140403112658p:plain

パスワードを入れる。

f:id:shigeo-t:20140403112722p:plain

f:id:shigeo-t:20140403112738p:plain

できた。

f:id:shigeo-t:20140403112801p:plain

ログインしてみる。

f:id:shigeo-t:20140403112819p:plain

f:id:shigeo-t:20140403112835p:plain

ここまで20分弱。飽きたのでこれでおしまい。

 

というわけで、OS X Server搭載Mac mini程度のスペックでもすぐにゲストOSが出来上がる。続きはいずれ。BootCampみたいにブートし直さないともう一方のOSが使えないのは不便だと思う。Parallels Desktop 9 for Macは価格分の価値はある。是非。

したっけしたっけ。

■関連エントリ