いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCメニュー構成

eSATA─SATAケーブルを買ってきて、2.5インチディスクの空きディスク作成中(挨拶)。eSATA速い。

 

■関連エントリ

【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCを動かす(VMware編)

 

Windows Thin PCが動くようになったので、動作確認とスタートメニューから見えるメニュー構成を調べた。動作確認は主たる利用用途であるリモートデスクトップを動作させた。

まだまだ全部確認できていないので順次追加していく。

リモートデスクトップ

mstsc.exeを起動し、仮想化したWindows XPに繋いでみた。

f:id:shigeo-t:20140331153045p:plain

f:id:shigeo-t:20140331153114p:plain

f:id:shigeo-t:20140331153133p:plain

f:id:shigeo-t:20140331153156p:plain

インストールしたてのWindows Thin PCのRDCバージョンはRDP7.1であることは【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCを動かす(VMware編)で調べた通り。Microsoft Updateでもバージョンアップしなかったので、該当KBを探して当ててみる。

リモートデスクトップ接続用端末としては、Windowsなのでアイコンをデスクトップにでも貼っておけばいいし、英語版OSでも特に問題ないだろう。リモートデスクトップクライアント(mstsc.exe)の動きも、(当然だが)全く問題ない。

メニュー構成

全部を起動してみるところまで時間が無かったので、フォルダになっている部分の展開まで。

スタートボタン押した直後

f:id:shigeo-t:20140331154121p:plain

Accessories

f:id:shigeo-t:20140331154155p:plain

f:id:shigeo-t:20140331154228p:plain

MaintenanceとstartupとSubsystem for UNIX-based Applications

f:id:shigeo-t:20140331154330p:plain

コントロールパネル

f:id:shigeo-t:20140331154529p:plain

おまけ Windows Thin PCにもリモートデスクトップ接続できる

「システムのプロパティ」を見ていたらリモートデスクトップを受け入れる構成がある。そこで日本語版で「このコンピュータへのリモート接続を許可する」に該当するものを選択してみた。

f:id:shigeo-t:20140331155204p:plain

f:id:shigeo-t:20140331155226p:plain

VMware Playerで仮想マシンを作る際、NATで作ったので外から接続できない。Windows Thin PC内から接続してみるとコンソールモードだからダメと言われる。

f:id:shigeo-t:20140331155343p:plain

そういうわけで、NICをブリッジに変えてみた。

f:id:shigeo-t:20140331155652p:plain

接続してみると問題なく接続できる。

f:id:shigeo-t:20140331155824p:plain