いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Windows Thin PCを動かす(VMware編)

歯医者行ってきた。セラミック高えぇ(挨拶)。

 

なんかご託宣が降りてきた。ちなみにご託宣を英訳すると「an oracle」だがこのご託宣はあの会社とは関係無い。 

Windows Thin PC

捨てるのはもったいない? XP移行後に残ったPCの再利用を考える - TechTargetジャパン システム運用管理

 ちょっと引用する。

Windows SAおよびVDAには、特典の1つとしてシンクライアント専用の軽量OS「Windows Thin PC」を無償で利用できます。Windows Thin PCは、「Windows 7 SP1」(正確には「Windows Embedded Standard 7 SP1」)をベースに開発されたOSで、VDIのデスクトップに接続するためのリモートデスクトップ接続クライアントとして利用できます。

 軽量OSといっても、Windows Thin PCの最小システム要件はプロセッサ1GHz、メモリ1Gバイト、HDDの空き容量4Gバイトであり、古いWindows XPマシンにはハードルが少々高いでしょう。Windows Thin PCの利点は、その軽量性よりもむしろ、サポート期限が2021年10月12日(日本時間10月13日)までと長期間にわたって安心して使える点にあります。またWindows 7 SP1がベースなので、最新のリモートデスクトッププロトコル(RDP)8.1に対応したリモートデスクトップ接続クライアントとして利用することも可能です。 

 

最初のセンテンスにある「Windows SAおよびVDAには、特典の1つとしてシンクライアント専用の軽量OS「Windows Thin PC」を無償で利用できます。」の部分、解説しておく。面倒なので解説しても分からないかも(というか説明難しい)。

Windows SAの場合、Windows等を企業などの組織で買った際、SA(ソフトウェア アシュアランス)契約をしておけばSA特典(技術サポート、自宅仕様プログラム、アップグレード権など)が得られる。

よく寄せられる質問 (FAQ) - マイクロソフト ソフトウェア アシュアランス特典 - マイクロソフト ボリューム ライセンス

VDAは仮想デスクトップというかVDIを使用する際のライセンス。Windows SAがあればVDAの購入は不要、Windows SAにVDAが含まれると考えてよい。

つまり、無償の条件が一般コンシューマには全く関係ないところに存在する。企業や公共事業体などが取得可能。繰り返すが、個人では使えない。

 

上記の通り個人では使えないのだが、評価・検証は90日ライセンスされるので今回は評価版。評価版のダウンロード、ライセンスキーは下記URLを参照頂きたい。

よくある7つの質問 Windows Thin PC 編 - Windows インフラチーム ブログ - Site Home - TechNet Blogs

 

LinuxAndroid-x86よりも、WindowsそのものであるWindows Thin PCのほうが、Windows用として作られたPCできちんと動く可能性は高い。ドライバも揃うし。そういう意味ではAndroid-x86をお勧めしつつも、どうしてもAndroid-x86で動かないPCはこのWindows Thin PCにするということで。

Windows Thin PCは英語版しかないが、リモートデスクトップでサーバや仮想PCに繋いでしまえばその中は日本語環境にできるので問題ない。

このWindows Thin PCよりもサポート終了が早いLinuxは業務用PCとしては論外。

 

あと、今日行ってきたヨドバシ横浜のソフトウェアコーナーでは、Windows 7のパッケージは売り切れてた。パーツコーナーにDSP版あるかもというポップは貼ってあったけど確認しなかった。出荷終了しているので、まあどこも在庫限りかな。で、このWindows Thin PCは英語版限定ながらWindows 7ベースというところもミソ。

 

VMwareにインストール

このOS、実PCで動かさないと意味が無いことを十分認識しつつ、VMwareで動かせばインストールの工程を全部スクリーンショットに撮れるので、まずVMware上にインストールしてみた。

VMware Player起動

f:id:shigeo-t:20140331114148p:plain

ISOファイルマウント

[参照(R)…]をクリックしてダウンロード済のISOファイルをマウントする。評価版のダウンロードは下記URLを参照頂きたい。よくある7つの質問 Windows Thin PC 編 - Windows インフラチーム ブログ - Site Home - TechNet Blogs

f:id:shigeo-t:20140331114233p:plain

f:id:shigeo-t:20140331114241p:plain

プロダクトキーとパスワードの設定

評価版のライセンスキーは下記URLに書いてある。よくある7つの質問 Windows Thin PC 編 - Windows インフラチーム ブログ - Site Home - TechNet Blogs

パーソナライズ項のパスワード・確認欄に任意のパスワードを入れる。パスワードは今時のWindowsが要求するパスワード強度が必要。

f:id:shigeo-t:20140331114405p:plain

f:id:shigeo-t:20140331114417p:plain

仮想マシン名とインストール場所の設定

今回は外付けのSSDにした。

f:id:shigeo-t:20140331114734p:plain

ディスク容量の指定

今回はデフォルトの60GBで作成した。後で実際のインストールサイズを見たら6GBだったので、ディスクに余裕が無いときは15GBくらいの指定で十分だろう。

f:id:shigeo-t:20140331114805p:plain

仮想マシンを作成する準備完了

この画面で[完了]をクリックするとインストール開始する。

f:id:shigeo-t:20140331115018p:plain

Windows Thin PCのインストール

何度かリブートが入りインストールが行われる。

f:id:shigeo-t:20140331115208p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115228p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115247p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115300p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115312p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115323p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115333p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115348p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115407p:plain

ここでネットワークの選択が表示されたあと、VMware Toolsのインストールが自動で行われ、そのままリブートとなる。

f:id:shigeo-t:20140331115504p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115517p:plain

インストール完了

インストールが終わると、Windows 7/Windows Server 2008系のログイン画面が出る。VMware Playerの「プロダクトキーとパスワードの設定」で入力したパスワードでログインできる。

f:id:shigeo-t:20140331115554p:plain

f:id:shigeo-t:20140331115811p:plain

バージョン確認

インストール直後のWindowsリモートデスクトップクライアントとInternet Explorerのバージョンを見ておく。

Windows

評価版だからなのか製品版も同じなのかはよくある7つの質問 Windows Thin PC 編 - Windows インフラチーム ブログ - Site Home - TechNet Blogsでは分からないが、バージョンは下記。

f:id:shigeo-t:20140331120146p:plain

リモートデスクトップクライアント
  • Shell Version 6.1.7601
  • Control Version 6.1.7601
  • Remote Desktop Protocol 7.1

f:id:shigeo-t:20140331120742p:plain

Internet Explorer

バージョンは8.0.7601.17514

f:id:shigeo-t:20140331120519p:plain

インストールサイズ

上にも書いたが、ホストOS側からこのWindows Thin PCを見るとインストールサイズは下記の通り6GB。

f:id:shigeo-t:20140331120854p:plain

Microsoft Update

早速Microsoft Updateを掛けてみると84個、89.1MB。

f:id:shigeo-t:20140331121242p:plain

 

例によってここまでスクリーンショットが多いので、Windows Thin PCは何ができて何ができないOSなのかは次のエントリに分ける。ほなさいなら。

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026)

Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (2013年1月31日まで:型番情報:3UR-00026)