いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】「ウィンドウズXPでウイルス対策ソフトを使っていれば使い続けられるのか」という検索文字列での当ブログへのアクセスがあるので疑問にお答え致します。

題名が長いので、Google的にはよろしくない(挨拶)。

 

■お勧め

今日は精神的に休みってことにしたのでこれを書こうと思った17:30時点で飲んでます。珍しくですます調で書きます。そう言えば、昔どの家庭にもあったような気がする、家具調テレビはどうして無くなったんでしょう。こたつも家具調こたつってあったけど、どうなったんでしょう。

 

題名の由来は下記のスクリーンショットの通り。だからYahoo!はあなたの相談相手ではないと何度言えば。

f:id:shigeo-t:20140320173628p:plain

 

それはさておき、個人PCということでいうと自己責任でWindows XPを使うのは、ありかなしかで言えばありだと思っています。しかし、2014年3月下旬になって「ウィンドウズXPでウイルス対策ソフトを使っていれば使い続けられるのか」とか検索しているような人には無理だと思います。危険が危ない。他人に迷惑を掛けかねない。

悪いことはいいません。アンチウィルスソフトは完璧には守ってくれません。Windows XPのままというのは諦めましょう。

こないだは「無職 XP 買い替えできない」みたいな検索で当ブログに来た人もいます。岩手県のあなたです。悲しくなるのでやめてください、お願いします。悲しくなる理由はもちろん、無職ゆえ買い替えするお金の都合が付かないことではありません。中古タブレットや中古PCをくれるとか安く譲ってくれるとかそういう知り合いがいないという人間関係のほうです。それは無職が理由ではありません。これまでの人付き合いのせいです。別にリアルの人間関係だけである必要はありません。ソーシャルメディアでもいいのです。PCを買い替えるお金が無いという意味では、きちんと毎月数十万円の給与を得ていても、配偶者の理解が得られずに買い換え予算が立案さえできない人のほうが切実です。なにせ、遵法的に0円で入手する手段があっても、入手したこと自体を咎められる可能性があるのですから、彼らは。無職を理由にするのはやめましょう。というかこのブログは無職ということであっても役には立てません。

■補足エントリ書きました(2014/03/21)

【Windows XPサポート終了対策】図解⇒アンチウィルスソフトがあってもサポートが終わったWindows XPがダメなわけ

 

■関連エントリ

Windows XPサポート終了に対して、デスクトップLinuxを勧めるなんてふざけるにも程がある 『記者の眼 - XPサポ切れ対策待ったなし、個人PCならぜひ脱Windowsを:ITpro』

【Windows XPサポート終了対策】アンチウィルスソフトは万能ではありません 

今のうちにクラウドにデータを叩き込み、次期マシンを手に入れましょう。慣れとかを考えればそろそろタイムリミットが近づいています。4月9日以降Windows XPのPCの電源を入れないという目標を立て、WBS*1を書いてみてください。毎日PCで遊んでいる暇が無いのであれば、それほど時間が取れないことがわかるはずです。

幸いあなたのPCに入っているデータは各クラウドの無償分で賄えるはずです。1つのクラウドで足りなくてもいくつかに分散すれば収まるはず。フリーミアムというビジネスモデルですが、無償部分を活用することは提供者側が推奨していることです。無償で済むことを気に掛ける必要はありません。

次期マシンがPCじゃなくタブレットだとすると、今までパソコンでできていたいくつかの事は諦める必要があります。集中と選択です。すっぱり諦めましょう。それほど困らないはずです。その年賀状は本当に自宅で作らなければダメですか?

あと、4月にならないと発売されないChromebookを待つということであれば、それはそれで構いませんが、4月9日には間に合ってくれないかもしれません。

 

また、このところマイクロソフトがいい感じでサービスをどんどんリリースしています。これも無償部分をうまく使いましょう。

マイクロソフト、ノートアプリ「OneNote Mac版/Windows版」をまさかの無料リリース! : ギズモード・ジャパン

3/18 本日OneNote のクラウド連携機能を強化し、あらゆるデバイスで利用が可能になりました。 - Office Blogs - Site Home - TechNet Blogs

当ブログでも検証を進めています。結論から言えば、無償部分でも問題ないでしょう。どうしても無償部分だけだと不満がある人だけ、お金を払ってパッケージやサービスを買えばいいのです。

 

さて、面白い本を見つけました。発売日を見ればわかるように2008年です。嘘つきですね。マイクロソフトは2018年どころか2014年4月9日で終わってくれと言っています。一生はムリでしょう。ハードウェアがそんなに持つとは思えません。 

 さっき見たところ、Amazonには1冊在庫があります。是非どうぞ。

 

----

企業PCの場合は、一般事務用途ということならWindows XP継続利用はありえません。中古PCを買った方がお安いです。他社から得た情報の情報漏えいとか、リーガルリスクが大きすぎます。デスクトップなら探せばWindows 7や8搭載モデルを2~3万円台で買えます。リースバック品・レンタルバック品を狙うといいでしょう。今、Windows XPが動いているPCにWindows 8.1 Proを入れてアンチウィルスソフトを買い直すと、中古PCでいい感じの構成(アンチウィルス、Office付)より高く付きそうな上、マシンスペックがしょぼくて快適に動いてくれないかもしれません。いずれにせよ、リーガルリスクの大きさと中古PC購入費用を比較すれば、中古PCを買った方が安いことは明白です。

PCも更新時期ってものがありますので、ちょっと早めだけど新品で行こうということであればそちらのほうが望ましいことです。普通に考えれば中古PCよりも耐用年数が長いはずですから。

 

今までのエントリで何度も書いていますが、どうしてもWindows XPじゃなければいけない業務アプリケーションやハードウェアが残る場合は使用し続けるしかないですが、新品の豪華な構成のPCを超えるお金を掛けてWindows XPを守る対策が必要です。覚悟も必要ですが。

 

このブログの一番人気はAndroid-x86ネタですが、これはきちんとやりきるためにはこのブログに書いている”インストールするためのノウハウ”だけでは足りません。このブログではAndroid-x86ネタやリモートデスクトップネタについては、検証したことについてほとんど書いています。隠していることはほとんどありません。そういう意味では想定外のトラブルが無ければ、書いてある通りで技術的には実現できるはずです。実際には使用するマシンの差異はあらかじめ考慮しておく必要がありますが。まあ自宅のPCをお遊びでAndroid-x86する分には問題ないでしょう。もし失敗するとすれば使用したPCのハードウェアスペックがAndroid-x86プロジェクトの想定外だったということで、あきらめてLinuxでも入れてください。

しかし、Android-x86を業務で使えるようにするためには、きちんとプロジェクトマネジメントが必要です。月~金に業務で使っているPCのOSを全く別物に置き換えるのであれば、リハーサルも必要だし土日作業で完了するようにスケジュールする必要もあります。今PCに入っている業務データも必要なものは漏れなく残しておく必要があります。使うアプリケーションが変わる部分については互換性・移行性を調査しておく必要があります。時間的にはもう足りませんが、どうしてもということであればご相談下さい。

■関連エントリ(多いので一覧で)

"Android" - 記事一覧

"Windows Server" - 記事一覧

"リモートデスクトップ" - 記事一覧

"Office" - 記事一覧

 

最後におまけ。上に貼ったスクリーンショットに「xpインターネット接続をやめる方法」というのがあります。赤で下線引いてます。意図としてはLAN接続はしたいけど、インターネットには接続しないようにしたいということでしょう。だって、ネット接続そのものをやめればインターネットには接続できないのですから。NICを殺す、LANケーブルは引っこ抜く、無線LANルータはXPマシンのMACアドレスを拒否する設定をする、USB接続型やPCカードやExpressカードなどのデータ通信カードを繋がせないなどネットワークから遮断する方法は複数実施することで実現できます。わざわざこんな分かり切ったことを聞くはずはないので、インターネット接続だけを遮断したいのでしょう。

そしてWindows XPからのインターネット接続だけを遮断する手段は、複数あります。ここに書いて簡単に気軽に実施できない手段を一例として書くと、Windows XPのPCだけネットワークセグメントを独立させ、インターネット接続するプロトコルやポートなどを塞いでしまうというものです。IEの設定だのグループポリシーだの面倒な設定に比べれば簡単かつ確度は高いものです。確度だけでなく費用も高いですが。

そもそも「xpインターネット接続をやめる方法」などという発想が出てくる時点で事態を甘く見ているわけです。XPマシンがインターネット接続さえしなければ大丈夫だと思っているのであれば、それは間違っています。同じファイルがWindows 7/8にあっても無害だとしても、そのファイルをWindows XPにコピーした瞬間に悪さをすることは十分にありえます。またLAN内のPCやサーバにWindows XPをネットワーク経由で攻撃するウィルスやワームを仕込むことは可能です。そのPCやサーバへの攻撃でない場合、アンチウィルスソフトの対応が遅れる可能性はありえます。周りにXPマシンが無ければ何も起こらない(無害)とすると、XPマシンが存在する場所でしか発生しないわけですから。変に金を掛けるよりも安い中古PCですって。

 

 

日本電気 LifeTouch NOTE NA75W/1AB ピアノブラック LT-NA75W1AB

日本電気 LifeTouch NOTE NA75W/1AB ピアノブラック LT-NA75W1AB

 
Windows7!メモリー2GB!パソコン DELL 755SF PenD-C E2160 DVD-ROM(d-127)

Windows7!メモリー2GB!パソコン DELL 755SF PenD-C E2160 DVD-ROM(d-127)

 

*1:Work Breakdown Structure