いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


社用メールの確保

勝ちました。Хонда△(挨拶)。

 

ドメインは取ったが、自前であるいはホスティングでメールサーバの面倒を見る気は無い。そこでどこかに自前ドメインのメールサーバをキープする必要がある。今回は、ラクに自前ドメインのメールが作れるGoogle Apps for Businessを選んだ。あんまり何も考えてない。

Apps1Apps2 

 3つめの画面でドメインの選択が出る。「既に購入済みのドメイン名を使用する。」を選ぶ。

Apps3 

4つめの画面でとりあえず開設完了(メールアドレスはこれから)。ちなみにこの時点で課金されていない。無料期間30日。

Apps4 

ユーザ情報の設定を始める。まずはドメインの設定。まずはGoogle Apps側で設定をはじめる。

Apps5Apps6

ドメインはお名前.comで取得済み。ここで今回ドメインを取得した「onamae.com」を選択する。onamae.comを選択すると、onamae.comの画面や設定方法に合わせたガイドが出る。他のレジストラでも同様。今回はデフォルトの設定方法であるセキュリティトークンをDNSレコードに埋め込む。

お名前.comでログインし、DNS設定画面を開く。そこにGoogle Appsの画面で指定されたセキュリティトークンを埋め込む。お名前.com側のDNS設定もちょっと時間が掛かる。今回は多分グルグル回転する「お手続き中」で2~3分待った。

Google Apps側にDNS情報が伝わるまではさらに時間が掛かる。設定が終わってすぐにDNS情報が伝わるわけではないので、設定確認が完了するまでは別の事をやってたほうがいい。今回は途中で風呂ったので確認完了は2時間後。

Apps7Apps8Apps9AppsaAppsbAppscAppsdAppse 

会社情報の設定画面は割愛。

Appsf 

続いてメールの設定。[はい、Gmo-Registry.comに移動します]を押すと、お名前.comのログイン画面に飛ぶ。ログインを済ませるとメール配信が設定される。ダイアログいにあるように時間が掛かるので、これも時間をみたほうがいい。

gm1 

gm2gm3gm4 

 

ということで、メール設定が済めばあとは課金情報。月500円/ユーザか600円/ユーザ。今回は年間プランにしておく。

Pay1Pay2 

 

ということで、時間が掛かることを除けばそれほど難しくなく開設できる。500円/月はちょっと高いかな。ZOHOとか無料だもん。

死ぬより簡単 (講談社文庫)

死ぬより簡単 (講談社文庫)