いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


【Windows XPサポート終了対策】Windows Server 2012 R2のRemoteAppレジストリハック

今日も天気がいい。でも色々稼がないといけないので足止め中(挨拶)。

 

Windows Server 2008(及びR2)のときは配布する.rdpファイルを直接編集できたので、ちょいテストの時などサーバをDNSに登録していない時は、IPアドレスを.rdpファイルに書き込めた。

ところがWindows Server 2012(及びR2)では.rdpファイルは生成された形では存在せず、レジストリにある。そのためRD Web画面まではIPアドレスで接続できるが、RemoteAppはテストができなかった。

 

【Windows XPサポート終了対策】iOS版 Microsoft Remote DesktopでRemoteApp接続では、RemoteAppのプログラム公開されたあとのレジストリ値を直接修正する方法を書いた。今日もう一度チェックしたところ、プログラム公開時に公開アプリごとのレジストリを生成するための元ネタを見つけた。

個別のアプリごとに修正すると、サーバーマネージャーでアプリ公開定義を触るたびに元のFQDN値になってしまう。ところが元ネタのほうを修正すると、アプリ公開定義を修正しても新規追加してもFQDNではなくIPアドレスになる。いやあ、よかったよかった。テストのサーバをDNSに必ず登録とか、面倒だし。

 

とここまで前置きだが、以下の操作は自己責任という事でお願いしたい。マイクロソフトが仕様を変えた場合にはこの手が通用しなくなる可能性があるし、これでレジストリをいじって所定の動作をしない場合、マイクロソフトは保証しない。マイクロソフト監修のリファレンス本やTechnetに書かれない限り保証は無理。当然オレも保証しない。

なお、当該レジストリ部分を壊した時は、最悪RD RemoteAppのアンインストール→インストール&再設定で直る。触る前にレジストリのバックアップも取っておいた方がいいと思うオレ取らなかったけど。

 

  1. Administratorユーザでレジストリエディタを起動する。
  2. キー名「PublishedFarms」を検索する。
  3. キー名「DeploymentSetting」を開く。
  4. キー名「DeploymentRDPSettings」を右クリックし[修正 M]を選ぶ。
  5. FQDNで書かれている所を全てRD RemoteAppサーバのIPアドレスに修正。次のパラメタとくっついているが、そのままくっついたままにすること。

reg1reg3

キー名は\\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\CentralPublishedResources\PublishedFarms\IPadr\DeploymentSettings。

 

ついでに\\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Terminal Server\CentralPublishedResources\PublishedFarms\IPadr\RemoteDesktops\IPadrも修正。

reg4 

 

参考までに各アプリごとのキーはこんな感じ。「RDPFileContents」に.rdpファイルの元ネタが書き込まれている。

reg2 

 

これでPCからもAndroid機からもiOS機からもうまくいくはず。くれぐれも自己責任で。ちなみにTechnetでDeploymentSettingsを検索したが該当一件。RD Gatewayサーバ名の話だった。

成功者予備群 七分袖ラグランTシャツ(メランジグレー×ブラック) M