いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


自宅でb-mobile4G WiFi3+OCNモバイルONE速度測定失敗

雨なので比較的引きこもります(挨拶)。

 

実はOCNモバイルONEの速度も測っていた。そして、失敗。失敗の理由は簡単で、30MB/日のプランを使っているため、あっという間に上限に達するから。

下りOCN 

上りOCN 

 

下りのThinkpad Tablet初回で最速の10.9Mbpsが出ている。しかしThinkpad Tablet3回目の計測ではすでに30MB/日の上限を超えたものと見え、上限越え後の300kbpsに落ちている。Surface RTの途中で上限を超えたっぽい。いつも通りRapidnetを使って計測したが、意外と速度測定で使用するデータ量は多いのだということがわかった。

 

一日2ラウンドずつ測れば10日で計測が終わることになるが、前回のau LTEと同じ計測環境を毎日作るのは面倒。今回はこれで失敗ということで終わって、OCNモバイルONEの計測は諦める。実家からb-mobileのSIMを回収してから、b-mobile4G WiFi3での速度測定を行う。でもなあ、20回測ると600MB以上使うみたいなんだよな、auの使用パケット量を見ると。b-mobileスマートSIM月額定額1,980円の月額上限は1GB。計測のために月間使用量の60%消費するのはいかがなものか。月末に残りを見ながら実施する感じかな。

 

そしてOCNモバイルONEの300kbpsの制限が掛かったあと、いくつかWebサイトを見てみた。ちょっと遅いかなくらいの感じなので、データ量が多いサイトでなければまあまあ使える。例えばGoogleで検索掛けて、その先が写真多用のサイトでなければ我慢できる程度。2G~3G初期頃の実効帯域だと思えば問題ない。

 

前回のau LTEと比較してみる。下りWiFi接続のデータを再掲。

下りWiFi 

au LTEの場合はアンテナ2つ(5つ中)だったのに対し、OCNモバイルONEの場合は4本(5本中)。最速はOCNモバイルONEの10.9Mbps。

ちなみにMVNOの場合、足回りの携帯電話回線は携帯キャリア(MNO)のものであるが、POI(相互接続点)からIXまでの接続はMVNO側が用意する。docomoのMVNO事業者向け説明が分かりやすい

というわけで、MVNO事業者によってIXまでの接続の帯域は異なるため、足回りの携帯電話回線部分がdocomoだとしても、OCNモバイルONEとb-mobileでは同じ速度とならない可能性がある。そういう意味で今回OCNモバイルONEの速度が計測できないのは残念。もちろん、もっと高価なプランに変更すれば測れるんだけどね。

 

とにかく貧乏がいけないんや(乱暴な結論)。

失敗学のすすめ (講談社文庫)

失敗学のすすめ (講談社文庫)

 
NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670