いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


そういえばiPadを手に入れたんだった。

みなさまごきげんよう!大雨ですね(挨拶)

 

こないだ大学に行ったとき、しばらく使用者がいない新しいiPadを借りてきた。新しいiPadは最新じゃない。Retinaディスプレイモデルではないし端子もLightningではなく旧来型。現在廃番の新しいiPad

目的としてはアップルのiOS7、18日にリリース-史上最大規模のソフト更新に - WSJ.com を実施するため。手元にiOS機が一台も無いのでどうしようかと思っていたら、研究室に一台余っていた。

 

その新しいiPadのOSを見てみるとiOS5。じゃあ練習としてiOS6に上げてみるかということで実施した。今さらのiOS6だが、18日にiOS7にバージョンアップするときの比較用として、見た目や操作工程を記録しておく。

 

借りてきた新しいiPadでは、「一般」の「ソフトウェア・アップデート」にアラートが出ている、タップすると以下の画面が出る。

image

「ダウンロードしてインストール」をタップする。

image

「同意する」を押す。

imageimage  image image

「設定」の→を右にスワイプする。

image

「続ける」をタップする

image

「次へ」をタップする。

image

Apple IDでサインイン」をタップする。Apple ID入力ダイアログはキャプチャを省略。

image

「同意する」をタップする。

image image

iCloudを使用」をタップする。

image

image

 「iCloudにバックアップを作成」をタップする。 

image

「”iPadを探す”を使用する」をタップする。

image

image

「SiRiを使用する」をタップする。

 image

 

 

image

Appleにユーザ登録する」をオンにする。

image

iPadを使う」をタップする。

image image

「すべてダウンロード」をタップする。

image

[OK]を押す。

image

[OK]を押す。

image image

 

SiRiの動作チェックをする。設定で見ると上の設定通りSiriはオンになっている。

image

ホームボタンを長押ししてSiriと会話。

image

 次にiPhoneを探すの動作確認。

9736383840_a5d0dfbc94_o 

所在地を確認中が出てiPadの場所が表示される。場所のスクリーンショットは省略。 

image 

 

その他のiOS6追加機能もあるが省略。新しいiPadは最新型ではないので iOS5だったが、もしかするとiOS5から直接iOS7にバージョンアップしたほうがよかったかも。あまりそういう人がいないだろうという意味で。メジャーバージョンを1個飛ばしとかできるんだっけ?

 

しかしAppleもなんでiPadについて名称のナンバリングをやめたんだろう。現在のラインナップはiPad miniiPad2iPad Retinaディスプレイモデル。iPad miniは今のところ初代だからいいとして、iPad2iPad Retinaディスプレイモデルについてはネーミングルールが違う。次のiPadRetinaディスプレイは搭載すると思うので、どう名づけるのか。新しいiPad Retinaディスプレイモデルとかにするんだろうか?

どんだけネーミングが大切かということを明確にするため、今回はiPad3などというApple非公認の呼び方ではなく、くどいくらい「新しいiPad」で統一してみた。現在はすでに売られていない新しいiPad。まさか1970年代の円谷プロをリスペクトしているとか。iPhoneのほうは順調にナンバリングしているのにiPadのほうだけナンバリングしないのは意味不明。

 

iOS機のバージョンアップの安定感は優れていると思う。やはり対象機種が絞り込まれていて、しっかり検証済でリリースできることがこの安定感につながっているのではないかと思う。

キャプチャした新しいiPadの時計表示で見ると、OSバージョンアップとSiri動作確認+iPadを探すの動作確認で約1時間。まあ、こんなもんかな。