いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


電波(出力調整前)

今日の分を書き始めたら、スクリーンショットを格納したFlickrがメンテに入ったでござる。ということで予定変更。しかしFlickrはなんでパンダなんだ?どっかの会社みたいにパンダが会長なのか?(挨拶)

 

 今朝ちょっと思いついた電波(案)。今朝散歩に出ていて通勤・通学をする人たち、厳密にいうと通学する若者たちを見てふと思いついた。そちら方面の方は是非とも採用して欲しい。なお、電波に入る前にちょっと事前説明が長い。

 

世の中には何か政治に動きがあると、すぐに「徴兵制ガー」とか「軍靴の音ガー」という人たちがいる。軍隊が悪という考え方は相当アナーキーだと思う。軍事も政治の一手段だし、戦争しないために軍隊を持ち常に整備するというのが、現代の多くの国がやっている政治。他国に侵略をさせないための抑止力。永世中立国のスイスなんて国民皆兵らしいじゃないですか。平和維持は高くつくもの。

逆に、軍隊を持たない国(Wikipedia)はあまり多くないし、代替組織を持つか他国にアウトソーシングしている。小国ばかり。Wikipadiaの地図は、拡大しても分からないくらい軍隊保有無し面積が小さい。

 

日本の場合は、あくまで専守防衛ということで自衛隊を組織している。専守防衛ということは、歩兵を多用する作戦は取らないし取る必然性も低い。装備も現在の人員とバランスさせている。練度が低い一般人を徴兵しても使い道が無い。自衛隊の予算の多くが人件費。さらに人件費が増大するような事をする意味が無い。徴兵している国でも兵隊さんには給料出しているんですよ、多いか少ないかはおいといて。

徴兵制ガー」とか言う人たちは、どういうロジックで徴兵制をやるんじゃないかと結論付けしているのか?ロジカルに考えれば、現代の日本では徴兵制はありえない。戦いかたや兵器が変わってきたこともあって、徴兵制をやめる国も多い。

 

そういえば下の本、読み終わっていないんだった。読まな。

 

 

ようやく本題。

今朝ふと思ったのは、女子中学生や女子高校生の制服として採用されているセーラー服って、世界中で海軍の軍服。うわあ、軍国主義やべえw「軍靴の音が聞こえる」ww

小学生の多くが背負っているランドセルも、歩兵とかが携行物を収納する装備品がルーツ。やばい、「軍靴の音が聞こえる」ww天使の羽とか付けてる場合じゃねえw

 

<電波(案)>

元々軍事用途のランドセルを背負わせたり、元々軍隊の制服であるセーラー服を着せるのは平和を壊す行為です!
もうこれは子供のころから軍国主義に慣らそうとするワナです。
なぜ、皆さんは平和憲法に反する行為に反対しないんですか?
子供達を戦争から守れ!日本には世界に誇るべき憲法九条があります!セーラー服やランドセルはアジア各国に脅威を与えます。先の侵略戦争を反省し、即刻廃止しなければなりませんっ!!

</電波(案)>

 

どうでしょうか?いやよく考えたら電波って書いちゃまずいなw あの手の人たちはマジでまともな考えのつもりなんだから。電波って書いてあると茶化しているのがバレるww

まだまだ甘い、出力弱いとお思いのあなた。このネタでもっと電波の出力を上げた文章をお作りください。お待ちしております。自分のブログでもハイクでもコメント欄でもOK。あ、Twitterだと1ツイートで足りないのでTwitterじゃないほうがいいと思います。

 

なお電波部分を読むときは、語尾の「ます。」は「ますぅ。」、「です。」は「ですぅ。」と発音するといい感じだと思いますですぅ。

 

 というわけで、FlickrがおやすみなのでPicasaからサービスカット。今朝、ニャーと言ってるところを撮れました。あのニャーはどういう意味だったんだろう。猫語わかんね。そんじゃーね。

にゃー

猫語の教科書 (ちくま文庫)

猫語の教科書 (ちくま文庫)

システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓

システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓