いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


なぜか学生になる

JALのマイレージの制度が複雑。2013/12/31に1,997マイルが有効期限を迎える(その後も続々と)し、e JALポイントは2013/10/31に20,392ポイントが有効期限を迎える。まあ、今月か来月必ず使えってことだ(挨拶)。

 

今日は題名通りのお話。

昨日、学部研究生の許可を貰って来た。これで、来月から来年3月末まで学生としての身分を持つことになる。

大学の学生とは言え、学部生や院生のような正規の学生ではなくパートタイム。研究生という名前の通り、ある事柄について研究を行うだけで、特に何かを履修するわけではない。AKBとは関係ない。

DSC06005

 

無職どころか学生とかふざけ過ぎだが、これは前職の2013/1Qに仕込んでおいた案件。産学連携であることを実現しようということで話を進めたが、オレの身分が一時的に無職なのは色々不都合。そこで教授がこの制度を見つけてくださって、先々月に申し込んでおいた。

クソ暑い中、出身校に卒業証明だの成績証明書だのを取りに行ったり、そこそこ頑張った。しかも、最初必要なのは卒業証明書だけかと勘違いしてて、後日改めて成績証明書を取りに行くという体たらく。2度も母校に行くとは思わなかった。

 

DSC06003 

学生なので、大学にお金を払うのです。またキャッシュアウトです。採算あうんでしょうか?しかも、この期間は研究生として研究を進めて論文書かなきゃいけないし、学校は遠いし。

起業したら、研究員ということでお金を頂ける立場にポジションチェンジの予定。うまくいかないとリンダ困っちゃう。

 

ということで、足止めされている図をサービスカットとして入れておきます。物理的に足で止められています。

足止め