いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


enchantMOON─2013夏 デジタイザ・ペン

中~西日本で大雨被害が出たり、東日本で竜巻被害が出たり。今年は異常気象らしいが、毎年毎年異常気象っていう単語を聞かない年は無い。長期間気象データを蓄積しているのに毎年異常というのは、統計的にはありえない(挨拶)。本格派の異常気象。

 

今日は小ネタを脈絡なく書く。

enchantMOONのデジタイザ・ペンとThinkPad Tabletのデジタイザ・ペンは互換性が無い。逆にして動作するかどうかやってみたが、仕様が全く違うみたいだ。でもバラシてみるといずれのペンも単6電池を使っている。

分解図 

ThinkPad Tabletのペンが電池切れになったので、enchantMOONの電池を借りていたが、都度入れ替えるのが面倒になってきたので単6電池を買ってきた。単6なんてそこらで売っているわけではない。見つからなければAmazonで買おうかと思ったが、ヨドバシ横浜に2本入り一種類だけ売っていた。340円。

単6ってEnergizer E96しか見かけないが、他社は作ってないのかな?

Energizer  

 

 ついでにenchantMOONのデジタイザ・ペンの紛失対策にストラップを買ってきた。ついでと言いながらこっちの方が高い。こういうのは実物見ながら選ばないと、細部でミスる。実店舗は必要。

640円 スパイラル 

どう使うかというと、ストラップの先に付いているクリップをハンドル部に付けておく。これで無くす心配はだいぶ減る。一応スパイラル部分が伸びるのでそのまま筆記できる。邪魔ならクリップを外すか、ペンをストラップから外せばいい。そのため、ケータイ取り付け用の紐をそのまま使う形態にしている。

クリップ 取り付け 

 

ちなみにThinkPad Tabletはペンの格納孔がある。あ、昨日も書いたな。ここに入れておけるので、ペンを無くす可能性はほとんどない。さすがマスプロダクト。

ペン入れ 

 

----

話題は変わるが、htc Jのクレードルを買った。目的は予備バッテリー単体で充電できるようにするため。安かった。使ってみて2つ難点がある。

1つめはケースに入ったまま立たないこと。クレードルの端末ホルダー部はhtc Jピッタリ。そのため、ここに立てるためにはケースを外す必要がある。固定されていて調節不可。

2つめは予備バッテリーを充電していると、htc J本体のほうに電源が適合しない旨のエラーメッセージが出ることがあること。今までは予備バッテリー単体での充電ができないため、htc J本体のバッテリーが充電完了した後に予備と交換して充電するという手間を掛けていた。それを考えるとすげえラク。

内容物は3点 取説おもて  取説うら 前面 右面 背面 左面

 

外は荒れているので雨の心配が無くなるまで引きこもる予定。では。