いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


スマホでドラレコ途中経過

今日は朝から目がかすんだのでこんな時間に更新。とりあえず軽め(挨拶)。

 

スマホ対応レーダー探知機」で書いた通り、スマホをドライブレコーダー(ドラレコ)にできないかという試行錯誤。こないだと今日、少し走って動作確認をしてきた。使ったドラレコアプリは下記。

  1. Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー
  2. アウトガード - カムコーダー

f:id:shigeo-t:20130818110453j:plain

f:id:shigeo-t:20130826193030j:plain

 

動作条件は下記。これで片道10数キロを走ってみた。

  • htc J SIM無し(DATA08WとWiFi接続)
  • OBINAVI2をバックグラウンド動作

とりあえず実家から自宅に走ったときはOBINAVI2がコケまくったので、OBINAVI2がコケる要因を探すために、OBINAVI2起動前にAndroidのサービス以外を極力終了させる。なんかわからないがこれだけでコケなくなった気がする。あまりアプリを入れていないSIM無し機で、勝手に動作していたのはauの無線LAN設定とかID設定なので、これのせいだったのかも知れない。

 

アプリの特性としては、下記の違いがある。

(A)Safety Sightがアラート(接近注意など)を出すのでしょっちゅう音声案内があるのに対し、アウトガードは録画メインで音声案内無し。

(B)OBINAVI2動作中、共存できるのはSafety Sight。アウトガードはPro版は共存できるようだが、無償版は共存できない(Google Playのアプリ説明に明記されている)。

 

実際にOBINAVI2のクレードルを使って設置してみると、ちょっとOBINAVI2の本体が映りこむ。気にしなければ気にならないレベル。

設定はアウトガードのほうがきめ細かく、SDカードに残す容量なども設定可能。Safety Sightはそこが無かったが、容量が限られるのにどうするんだろう。htc J SIM無しにはそこいらに落ちていた2GB microSDを刺している。つまりあまり録画に使える容量が無い。

Safety Sightでは容量設定できなかったので、運転中の録画はまだやっていない。Safty Sightで録画した動画は、衝撃感知時に自動録画される分。アプリ起動したままスマホを外した時に録画されていた。

アウトガードは細かく設定できるので、今日のところは1GB上限とした。1GBになるとラウンドロビンする。帰宅後残っていた動画の総時間を見ると約35分なので、これを目安にmicroSDの容量を考えればいい。

 

オレの用途を考えるとアウトガードのほうが合っている。Pro版を導入するか、OBINAVI2動作をSIM無し機、アウトガード動作をSIMあり機という風に分けるかのいずれか。もう少し動作確認したり、他のアプリを試してみて決めたい。

 

----

全然別の話題。そういえば、サーバーレンタル料金無料ってすげえって写真を撮った。どこのVPSだよとかって思っていたらウォーターだった。

f:id:shigeo-t:20130820105512j:plain