いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


Surface RTのおもひで 2

選挙速報は楽しいですね同時3チャンネルで見てましたねむいです(挨拶)。無職なんで思う存分見てた。東亜杯とかCSも同時に見てたけどw

 

さてSurface RTだが、前にも書いた通りハードウェアとしての出来はすごくいい。歴代iPadと同じ程度のハードウェアとしての出来だと思う。端末そのものの剛性とか各可動部部分のアクションフィードバックとか。マイクロソフトファブレスに徹し、EMSに委託するうえで仕様を相当詰めたものだろう。多くのモデルを持ち、基本的な構造や部品をキャリーオーバーするPCメーカーあるいはスマホメーカーとの違いかもしれない。Thinkpad Tablet(初代)なんか、すでに一度電源ボタンを修理しているし。

 

タッチカバー付きモデルを購入したが、タッチカバーがあると便利である。使用する際は、本体とタッチカバーが開閉する側を自分寄りに置く。そうするとタッチカバーは下、本体が上になり、キックスタンドがある側が自分から離れた側となる。キックスタンドを跳ね上げてから本体を起こす。すると自動で電源ONとなりロック画面が表示される。Windows 8でおなじみのロック画面である。

電源ボタン ロック画面 

 

画面を下から上にスワイプするか、タッチカバーのEnterキーを押すとロック画面になる。パスワードを入力するとModern UIのスタート画面が表示される。デスクトップタイルをタップすると、デスクトップ画面に切り替わる。

ここまでWindows 8となんの差異も無い。つまりWindows RTは、ARM版のアプリケーションしか動かないという制約を持ったWindows 8のサブセットである。こういうUIなので、マイクロソフト側がWindows 8に組み込んでWindows RTには組み込まなかった機能・プログラムの差異がわかりにくいが、一番大きな違いはActive Directoryに参加できないことである。

一方で、デスクトップ画面のタスクバーにピン止めされているように、Office 2013 RTが標準添付されている。Office 2013 RTではマクロなどは動かないようだが、それ以外のドキュメント作成・閲覧は問題ない。

ログイン画面 スタート画面 デスクトップ 

 

タッチカバーの打鍵感に慣れるまでは少し戸惑う。アクションフィードバックが薄いというかクリック感が無いというか。でもまあこれについてはマイクロソフト製品に限った話ではない。パッドもきちんと動く。これでまともに長文を打とうとは思わないが、緊急避難的には問題ない。

いやならタイプカバー(下のリンクの黒い方のキーボード)も用意されているし、USB接続もBluetooth接続もできるので、サードバーティー製のキーボードを使用すればいい。

 

 

 行儀が悪い話だが、近場の店に一人で食事兼飲みに行くときはこのSurface RTがお供である。タッチカバーを付けた状態でタッチカバーでパスワード入力してログインし、そのあとタッチカバーを外してブラウジングしている。検索キーワードが面倒な場合はタッチカバーを再度付ける場合もあるが、多くの場合はソフトウェアキーボードで済む。

キックスタンドがあるので小さい専有面積でテーブルに置ける。意外と飲みながら使う(だから行儀悪いって。反省してるが止められない)には都合がいい機械である。