いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


仕事に使うパソコンの準備 7

はてなハイクのメール投稿が約1日強掛かるのはなにかのいやがらせですか(挨拶)?はてなは土日にトラブると月曜まで復旧を引きずるような気がする。まさか運用・監視まで土日休みとかそういうことないよね。

 

買ったままでWindows 7を起動してみて、買ったときの状態でスペックを見たがOSが32bitである以外は大きな問題が無かった。ここでメモリ追加、HDD→SSD換装を行う。

Thinkpad W520はメモリスロットがキーボードを跳ね上げた中と背面の2か所に2スロットずつ、計4スロット持っている。買った状態では4GB2枚計8GBが背面スロットに刺さっていた。メンテナンスマニュアル通りの手順で実施すればキーボード跳ね上げは可能とは言え、キーボードをずらすときにちょっとコツが必要。ということで、何度も開け閉めしたくないので8GBを中に移し、後から買ってくるメモリを背面に入れることにした。

買ったのはCFD ノートPC用メモリ DDR3 SO-DIMM PC3-10600 CL9 8GB 2枚組 W3N1333Q-8G/N。合計16GB。あまり高くない。これでW520は8GBから24GBに大躍進w

  • 種類:DDR3 PC10600 ピン数:204pin SO-DIMM
  • クロック:1333MHz CL:9
  • 容量:8GB×2

キーボード持ち上げ 背面スロット

 

 

 メモリが増えたところで一応Windows 7(32bit)で動作確認をしたが写真は省略。次にHDD500GBをSSDに換装する。Intel SSD 520 Series(Cherryville) 480GBにしようと思っていたのだが、ちょうどその時売り切れていた。どんどん作業したかったので泣く泣く半分の容量であるIntel SSD 520 Series(Cherryville) 240GBにした。内蔵ディスクに置けるVMの数が減ってしまうが仕方ない。

HDDの蓋 HDD500GB 520シリーズ240GB 520シリーズ240GBを出す SPEED DAEMON SSD出した  

 

HDDとSSDの交換は簡単。HDDを取り出し、取り付け用金具をHDDからSSDに付け直す。SSDを挿入して完了。

Thinkpadのほとんどの機体はメンテナンス性が高いので、ディスク交換は慣れると2分くらいでできる。X200もビス1本でディスク抜けるし、このW520 もビス1本。Thinkpad使いをやめられない理由のひとつ。

HDD取り出した 金具外した 途中まで取り付け 途中まで取り付け完了 SSD挿入 蓋閉めて終わり 

 

次はWindows 8のインストールに進む。