読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろやってみるにっき

なんとか自分の会社を立ち上げるところまで漕ぎ着けた、てきとーに生きている奴の日記

関連記事を探すときは、読んだ記事と同じカテゴリをクリックしてください。

記事のカテゴリは記事タイトル下に表示されています。カテゴリ一覧はサイドバーにあります。


月100時間未満の残業って

今回もダラダラ書いていく。

 

残業100時間未満で騒いでいる人たちって、きちんと内容把握する能力が無いわけ?「何か月も100時間残業させるのが合法になる」わけじゃない。

でも、遺族の反発は理解できる。上限無く残業をさせることができたのを100時間未満に抑えるという話ではあるが、過労死ライン超えているからね。

f:id:shigeo-t:20170316045735p:plain

 

まあ、残業時間が長時間化すると心体ともに疲れるので業務のクオリティーが下がるし、それが続くと業務のクオリティーが下がりっぱなし。心体ともに健康にも悪い。いいことが何もない。

 

実体験的には、月10時間から20時間くらいまでなら、毎日残業じゃないし日々円滑に業務を進めるための必要悪といえる。それ以上は人を増やせ、あるいは業務量を減らせという話であって、誰かが無能である。それが直属の上司なのかもっと上の上司なのか。上司が無能の話については後述。

ピーターの法則 創造的無能のすすめ

ピーターの法則 創造的無能のすすめ

 

そもそも残業は管理者からの命令があってするものなので、毎日残業なら毎日きちんと管理者からの命令が無い時点で問題である。今まででも労働基準法で決められている。

  労働時間の適正な把握のために(PDF) (太字はオレ)

タイムカード、ICカード等の客観的な記録を基本情報とし、必要に応じ
て、例えば使用者の残業命令書及びこれに対する報告書など、使用者が労働者の労働時間を算出するために有している記録とを突き合わせることにより確認し、記録して下さい。

 

サービス残業という名の残業隠しは、本来労働者が受け取るべき割増賃金を会社が窃取していることになる。これは犯罪なので、強制されているのであれば証拠を集めて、労働基準法32条第2項、労働基準法37条第1項違反で告発すべし。どういう証拠があれば労働基準監督署が動いてくれるのかは、条文を読めばわかる。

 

月100時間未満の残業という協議の件、この記事の図が分かりやすい。

労働基準法で労働時間は1日8時間・週40時間と決まっている。企業がこの時間を超えて労働者を働かせる場合は、労使で「36(サブロク)協定」を結び、残業を認め合う必要がある。ただその場合でも、厚生労働省の告示で「原則月45時間、年360時間まで」と定めている。

 それよりも労働時間が長くなる場合は、特別条項付きの36協定を労使で結ばなければならない。特別条項を結んだケースでは、事実上残業時間に上限がなくなり、青天井で時間外労働ができた。こうした慣行が長時間労働の温床になっているとみて、政府は是正策を検討してきた。その中で残業時間の上限規制が有力な手立てとして浮上した経緯がある。

 

http://www.nikkei.com/content/pic/20170313/96958A9E93819691E3E19AE2808DE3E1E2E1E0E2E3E59793E0E2E2E2-DSXMZO1401983013032017EA2001-PB1-6.jpg

 

記事や図が消えるかもしれないので、オレも少し図表を書いてみた。その前に今回の条件をおさらい。

  1. 1か月の残業時間は100時間未満
  2. 2~6か月平均OKラインは80時間
  3. 新たな上限規制の月平均60時間
  4. 上限は年720時間
  5. 45時間を超えるのは年6か月まで

 この条件をもとにマックスまで残業させるケースを作ってみた。企業によってどの程度細かく残業時間を付けることができるかの規定は異なるが、今回は便宜上30分単位とした。

f:id:shigeo-t:20170316013520p:plain

100時間未満を連続させると、「2~6か月平均OKラインは80時間」が満たせない。翌月はどうしても60時間までに抑える必要がある。繁忙期以外は45時間未満の抑えないと、「45時間を超えるのは年6か月まで」が満たせない。

 

あと100時間未満/月って日々の残業がどのくらいかがイメージできない人もいるようなので、2ケース作成してみた。モデルケースは2017年3月のカレンダーで作成している。

 

ケース1は水曜日定時退勤日、土曜日に休日出勤、最終金曜日は文字が細かくて読めないかもしれないがプレミアムフライデーwとしている。これで96時間。春分の日に休日出勤するとあっさり100時間超である。

f:id:shigeo-t:20170316024203p:plain


通常の残業日は4.0時間だが、これだと9時始業で終業は22時台。それは法定の労働時間の規定を会社側にうまく使われているからである。就職したときに最初に気づいたのは、映画9to5(邦題「9時から5時まで」)はウソだなということ。映画は1980年、オレの就職は1986年。

9時から5時まで [DVD]

9時から5時まで [DVD]

 

 

 もらった就業規則には昼休みや残業時間前の休み時間が記載され、その分は働いた時間に加算されないことになっていた。厚労省の下記ページに明記されている。

法定の労働時間、休憩、休日

 

  • 使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。
  • 使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。
  • 使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。

最初に就職した会社は昼休みを45分、(事業所で始業時間が異なるが)9:00始業なら定時終業時間は17:45、そこから15分の休憩時間が入る。深夜時間帯にも休憩時間が設定されているというものだった。大企業系だったので割ときちんとした就業規則だと思うが、この休憩時間、会社にいては会社にいるなりの休憩しかできないし、ヘタすると休憩時間キッチリ45分取れないのに、これはズルい解釈だと思った。休憩を取らせることと、労働時間に含まないことは同じではない。

これで4時間残業で22時になる。

 

22時過ぎに帰宅を開始すると、通勤時間の長さにもよるが、あっという間に日付が変わる。あるいは帰宅完了時に日付が変わっている可能性もある。翌日も9時までに出勤しようとすると、睡眠時間を確保すると家事・日常生活を圧迫し、趣味などの時間は取れない。もしくはその逆で掃除洗濯料理などの家事や趣味の時間を取ると睡眠時間が圧迫される。続くのであれば4時間残業ぐらいが上限だろう。

 

そして休日出勤は土曜日のみ8時間に設定しているが、ウソくさい。繁忙期に毎日4時間残業している状態で休日出勤は土曜日のみ8時間で終えることができるわけがない。まあ、平日の残業時間をもう少し抑え、休日も10時間から12時間にすると思う。

 

休日出勤をすると代休を取得させなければいけない。それを避けるためには平日の残業のみで回すことになる。そこでもう1パターンは休日出勤無しで組んでみた。そうなると水曜日にも働く必要がある。また、月・金の終業時間は23時台。深夜残業手当が付く。帰ったらバタンキュー(死語)。これで96時間。春分の日に休日出勤するとあっさり100時間超である。

個人的には休日出勤ありより、平日メリハリというか息抜きが無くてこっちがつらいかも。

f:id:shigeo-t:20170316024026p:plain

 

残業話では無いのだが、通勤が片道3時間だったことがある。3か月で別の仕事を作って逃亡したが。9:00始業なのでそれに間に合うためには5時半ごろに出発。定時に終わってすぐに帰宅しても21時過ぎ。残業無しなのにこれは疲れた。真っ当な通勤時間って、せいぜい1時間ちょい過ぎまでだと思う。

 

また、北京で働いたときは200時間超も経験した。勤務実態として職場にいる時間20時間/日。平日の残業時間8~9時間ってw。朝6時に出勤、朝2時台にホテルへ。土曜日か日曜日の一日は休み。出勤日は平日と同じスケジュール。通勤時間5分だからできた。死ぬかと思ったw

奨学金という名の借金返済には大きく寄与したが。

 

で、最初に書いた「誰かが無能」の話。弊社でも雇用が発生したので就業規則を作り、雇用契約書を作成した。厚生労働省東京労働局のサンプルを使用したので、きちんと割増賃金の規定もあり、そのまま設定した。

  就業規則の作成例 | 東京労働局

 

弊社の場合、下記のように決めている。

① 時間外労働の割増賃金

(時間外労働が1か月45時間以下の部分)
  (基本給+役付手当+技能・資格手当+精勤手当) ÷ (1か月の平均所定労働時間数)
  ×1.25×時間外労働の時間数

 

(時間外労働が1か月45時間超~60時間以下の部分)
  (基本給+役付手当+技能・資格手当+精勤手当) ÷  (1か月の平均所定労働時間数)
  ×1.35×時間外労働の時間数

(時間外労働が1か月60時間を超える部分)
  (基本給+役付手当+技能・資格手当+精勤手当) ÷  (1か月の平均所定労働時間数)
  ×1.50×時間外労働の時間数
 

(時間外労働が1年360時間を超える部分)
  (基本給+役付手当+技能・資格手当+精勤手当) ÷  (1か月の平均所定労働時間数)
  ×1.40×時間外労働の時間数

② 休日労働の割増賃金(法定休日に労働させた場合)
  (基本給+役付手当+技能・資格手当+精勤手当) ÷  (1か月の平均所定労働時間数)
  ×1.35×休日労働の時間数


③ 深夜労働の割増賃金(午後10時から午前5時までの間に労働させた場合)
  (基本給+役付手当+技能・資格手当+精勤手当) ÷  (1か月の平均所定労働時間数)
  ×0.25×深夜労働の時間数

結構な割増が発生する。一時間1,500円で試算すると、休日労働込みで100時間弱をやったとすると賃金部分は1.6倍弱。休日労働無し深夜ありでは1.9倍。もう、これは人を増やすか業務量を減らす数字だよねという話になる。

  残業代の計算 - 高精度計算サイト

 

どう人を増やすかという部分だが、繁忙期は短期派遣で人手を増やしたり、一部業務のアウトソーシングなど、業務の専門性にもよるが色々な手がある。繁忙期があって残業100時間近くまで複数の人間を働かせることが分かっているのに、何も準備せずに突っ込んでいくのは管理者が無能過ぎる。

あと、割増賃金の割合を見ても分かるように、「いまそこにいる人」に残業させても人を増やしても、コスト的には同等にすることができる可能性はある。短期派遣を使うよりはアウトソーシングだろうな。コスト的に優位なのは。専門性は担保できるし。

あと、全部門が同時期に繁忙にならないのであれば、部門間で人の貸し借りができるようにしておけば、平準化が測れる。

 

 割増賃金を払って従業員の健康や家庭生活を損ねるより、他の人の雇用を生んだりしたほうが全体最適だと思うんだが。

従業員は経営者ではないという簡単なことが分からない経営者が多すぎるんだろう。経営者なら自分の裁量で動けるし、別に何時間働こうと自分の管理に過ぎないから疲れ方も違う。

過去の「オレは残業150時間くらいなんともなかった」みたいな経験から長時間残業をさせることは生存バイアスだし、「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」という初代ドイツ帝国宰相ビスマルクの言葉に当てはまる。

2017年の機種変更作戦 試算編

ふと思いついて試算してみた。今欲しい端末はコレ。

 

ただNuAns NEO [Reloaded]は先行予約は2月20日から始まっているが、出荷は5月過ぎ。予約なしで買うとすると手に入るのは5月なのか6月なのか。そこまで現在使用中のTORQUE G01が持ってくれるかどうか自信がない。

 

そこで今回の試算である。TORQUE G01がお亡くなりなった場合、今のところ欲しい端末2位のTORQUE G02に緊急機種変更するとして、試算してみた。TORQUE G02は新品あるいは新品同様白ロムが安く手に入ればいいのだが、流通が無い。新品同様はすぐに売り切れる。


試算の比較条件は下記3パターン。日割りは面倒なので計算していない。

  1. mineo→auMNPし、そのままauに26か月
  2. mineo→auMNPし、SIMロック解除可能な181日経過後mineoに再MNP、誰でも割無し(au4か月、mineo22か月)
  3. パターン2と同じ動きで誰でも割あり

なぜこの動きかというと、TORQUE G02をmineoで使用するためにはSIMロック解除要。

2015年5月以降に発売されたau VoLTE端末の動作確認については、SIMロック解除が必要となるため、端末発売から180日経過後に順次実施しております。
また、上記のau VoLTE端末をお客様がご利用になる場合においても、事前にSIMロック解除のお手続きが必要です。詳しくは、auお客さまサポートに記載のSIMロック解除のお手続き方法をご確認ください。

なぜ26か月かというと、auの料金シミュレーションページにこの記述が。

※ 頭金0円、実質年率0%、支払回数/期間 <24回/26カ月>

 

 まずパターン1。 26か月auにいるという前提で端末と毎月割は24回で設定。発生の順番は一番最初だが、表下にmineoからの転出も計上。

f:id:shigeo-t:20170315042523p:plain

 

パターン2。181日経過ということは、運が良ければ3か月きっかり、普通は4か月目になる。境界条件を厳しく設定するのは難しいため、4か月目にMNPする作戦。誰でも割はなし。

f:id:shigeo-t:20170315042938p:plain

 

パターン3。誰でも割を入れてみた。誰でも割を入れると月額利用料は下がるが、4か月目でMNPすると契約解除料が必要である。

f:id:shigeo-t:20170315043320p:plain

 

 まとめると下記の表のとおり。

f:id:shigeo-t:20170315043630p:plain

 

パターン2が一番安い。あとはauでは、月初契約解除だと、日割りが発生する費目と、日割りせずにまるまる課金される費目があるため、auには月初MNP転入、auからは月末にMNP転出するくらい。

 

NuAns NEO [Reloaded]は、 Amazonだと発売日が5月31日になっている。

本体は49,798円、トップカバーをスウェードグレイにすると1,620円、ボトムカラーをスムースブラックにすると1,511円。合計52,929円。mineo SIM変更(au SIM→au VoLTE 対応SIM)の手数料2,160円を加えても55,089円でNuAns NEO [Reloaded]にできる。

 

TORQUE G02のようにすでに中身が古い端末に16,371円余分にかけるよりは、なんとかNuAns NEO [Reloaded]に行きたい。なんとかもってくれTORQUE G01。

f:id:shigeo-t:20170315051649p:plain

W520も再インストールしたのでもう一度計測

ThinkPad W520は大学の研究室に置いているのだが、Cドライブの容量不足になっていた。OSやドライブの経緯は下記の通り。

 

  1. intel SSD 520 Series 240GBでWindows 8
  2. Windows 8.1
  3. そのままWindows 10にアップグレード
  4. DVDドライブをHDDに換装し、c:\UserをHDDに追い出し
  5. intel SSD 520 Series 480GBにクローニング。480GBが全てCドライブにはならずに、「システムで予約済み」「Cドライブ(クローニング前と同容量)」「回復パーティション(クローニング前と同容量)」「残り」となり、残りは別ドライブとしてマウントすることに

 

過去エントリは最初からだと多いので、途中からで抜粋しておく。


手順

あれこれインストールしたりするもんだから、C:\Users以下を他のドライブに追い出しても、また足りなくなり、こないだはドライブの圧縮を掛けて一時的に対応した。しかし、数10GBの余裕ができたが、上記の通り2度大きなOSアップグレードや1回のクローニングを経ている。

ちょっとした時間的な余裕ができたので、クリーンインストールしてみることに。先週実施する予定だったが、持っていく装備が不足しており失敗、昨日無事実施した。

おおまかな手順は下記の通り。

  1. ユーザデータは増設HDDにあるので取得不要(一応格納場所再確認)
  2. 作業用として持ち込んだT430sでメールをバックアップ(理由後述)
  3. 内蔵のSSDを外し、パーティション削除、完全ブランクのSSDを戻す
  4. Windows 10クリーンインストール
  5. ドライバインストール
  6. Office、アプリ等インストール
  7. バックアップ設定

失敗したのは、CrystalDiskMarkCrystalMarkによる計測は#5の後に実施すべきだったのに、忘れていて#7の後になったこと。

 

計測結果

先にざっくり結果を書いておく。以前の計測結果よりほとんど遅い。計測のタイミングが悪かったせいもある。というわけで、クリーンインストールの成果が無いようなデータになっている。

 

f:id:shigeo-t:20170314033742p:plain

 特にCrystalMarkは全敗である。トータルの値を示すMarkはともかく、個別の値もすべて低い。どうなっているんだろう。それぞれ貼っておく。

f:id:shigeo-t:20170314034113p:plain

f:id:shigeo-t:20170314034127p:plain

f:id:shigeo-t:20170314034147p:plain

おまけで、内蔵したHDDも計測。桁違いに遅い。

f:id:shigeo-t:20170314034228p:plain

 

 その他の計測等

intel SSD Toolboxで状態を見た。W520に使用しているintel SSD 520 Series 480GBは、なんか健康である。

f:id:shigeo-t:20170314034620p:plain

比較のため、こないだ計測したW530のintel SSD 535 Series 480GBと比較。W530のほうでは推定余寿命が78%。性能はともかくW520での寿命の心配は少し先のようだ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shigeo-t/20170307/20170307032611.png

 

CrystalDiskInfoも貼っておく。なぜか温度が出ない。

f:id:shigeo-t:20170314035407p:plain

HDDは温度が出る。

f:id:shigeo-t:20170314035621p:plain

 

回復パーティションの削除

回復パーティションは「ディスクの管理」では消せない。diskpartコマンドで削除する。

動いているOSが入っているSSD/HDDではやってみたことがない。別のPCで作業する。

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

玄人志向 HDDスタンド USB3.0接続 KURO-DACHI/CLONE/U3 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き

 

 

メールを別PCのバックアップとしたわけ

メインマシンのW530以外ではThunderbirdIMAP運用している。そのため、X220、T430s、W520で共通の設定である。MozBackupで取得し、研究室のNASにバックアップデータを入れておいた。

IMAP

IMAP

 

 

なんか、測ってみたら軒並み数字が悪くて、テンション上がらないw

なかなか手放せない

特別お題「おもいでのケータイ」

sponsored by KDDI

 

今回も本題に入る前が長い。

 

1993年~1995年、中国出張の際、携帯電話をオフィスの電話として使用していた。今は分からないが、当時の北京では電話回線を引くより携帯電話のほうが簡単に回線開設できるということで、オフィスに電話を引かずに携帯電話を使っていた。こういう形状のやつ。

http://4.bp.blogspot.com/-mcyX2FImk3U/VEk327XuO5I/AAAAAAAAAB0/FmJmIFQaHDk/s1600/motorola_dynatac.jpg

Motorola Company

同じような携帯電話は、よくレストランで見かけた。中国人の携帯電話持ちはテーブルに就くと、まずドンとこの手の携帯電話をテーブルに置くから。

バッテリーの充電が追い付かずヘタれたので、もう少し薄くて軽い奴に変わり、最後はマイクロタックIIになった。出張に行っている約2年半の間の変化が激しい。写真はマイクロタックなのでちょっと違う。ようやく携帯できるサイズになった。

http://3.bp.blogspot.com/-9ZBPEpK_LNU/VEk8aTdc1RI/AAAAAAAAACA/D_uhCq5kr2o/s1600/4-_moviles.jpg

Motorola Company

 

自分持ちの携帯電話は、最初はケータイではなく、ANAJALか忘れたけどキャンペーンで端末をタダでもらったDDI PocketのPT-101というPHSだった。ただ、これは片道3時間掛けて通っていた常駐先が圏外。国道16号の外側には基地局が無かったw。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/3/38/PT-101.jpg/160px-PT-101.jpg

PT-101 - Wikipedia

 

というわけで、すぐに携帯電話に移行した。最初の携帯電話はN103。当時は折り畳みといえばこれしか無かった。

http://www.docomo-cs-tohoku.co.jp/museum/tanmatsu/img/n103.jpg

携帯電話の歩み/デジタル・mova N103 HYPER

そしてi-modeの時代になって買い換えたのはN501i。最初のi-mode機ってモノクロだったなあという記憶は正しかった。

http://www.docomo-cs-tohoku.co.jp/museum/tanmatsu/img/n501i.jpg

携帯電話の歩み/デジタル・mova N501i HYPER

 このあと順調に2年おきくらいで機種変更していくが、NをやめてPに移ったのは薄さが決め手。折り畳みのほうが多い時期だった。

http://www.docomo-cs-tohoku.co.jp/museum/tanmatsu/img/p504i.jpg

携帯電話の歩み/mova P504i

 

ところが、従妹がハワイで挙式するので出ろと言われた2002年秋。当時はdocomoで海外対応の機種は少なく、レンタルする形式。めんどくさい。一方のauには国内外で使用できる機種が普通にあった。残業しまくりで金を使わず残業代で稼いでいたこともあり、2台持ちの暴挙へ。ああ、確かに店頭在庫がピンクしかなく、めんどくさいからピンクにしたんだった。

http://k-tai.watch.impress.co.jp/cda/static/image/2002/01/21/sa004s.jpghttp://k-tai.watch.impress.co.jp/cda/static/image/2002/01/21/sa005s.jpg

ケータイWatch ケータイ新製品SHOW CASE

 

auのほうも順調に機種変更していくが、2台とも折り畳みなのもなあと思ったので、auのほうは2台目をA5502Kに。使いにくかった~。

http://ad.impress.co.jp/tie-up/kyocera0402/images/img002.jpg

京セラ A5502K

 

仕事に個人ケータイを使っていたので、2台持ちでも違和感が無かったが、会社から支給されることになり、しばらく3台持ち。明らかにバカすぎる。そこで会社支給端末がdocomo契約なので、回線のオルタナティブ性を重視し、auを残してdocomoは解約。

最初はFのストレート端末だったが、ストレートは嫌いなので携帯電話絡みの仕事を作り出し、テスト機兼デモ機ということで短期間に色んな端末を使用。転籍前に使用していた端末はP905i。色もこのような赤。

http://cashari.net/hands_on/panasonic/p905i/image/body001.jpg

ドコモ P905iレビュー:Cashari!

北京→天津(泊)→北京(泊)→大連(泊)という一人3泊4日弾丸出張ツアー をやった際に使っていたのもこの端末。自分のau端末は何を使っていたんだろう。そっちは覚えていないが、P905iは覚えている。北京の空港で電源を入れてローミングできて、すぐに電話やメールが使える。パケット代会社持ちなのであまり気にせずに使用。

 

転籍した先の会社でも最初は会社支給のFの端末。指紋認証はいいが、あれこれ制限されていて使いにくい。しばらくするとスマートフォンの時代に。そこでスマートフォン絡みの仕事を作り出し、デモ機ということで自分の会社支給端末をスマートフォンに。IS03である。

http://www.sharp.co.jp/products/is03/images/img_f_section01_2.jpg

IS03トップ|製品ラインアップau |AQUOS:シャープ

 2011.3.11の時もこの端末だった。来客待ちで早期帰宅チャンスを逃したので、会社で交通機関回復待ちすることにしたのだが、ここでワンセグが役立った。TVのほうが情報が早くて動画付きなので性格。

また、TwitterFacebookでもいろんな人に連絡できたし、輻輳が起きて使い物にならない電話網よりもIP網とワンセグだなと思った。

 

会社を辞めて、結局iPhone 5cからiPhoneを増やしてまた2台持ち。

 

ようやくここからタイトルの件。

で、今困っているのはヘタれてきたTORQUE G01。買ったときはでかいなと思ったのだが、今となると小さい部類。みんなデカい端末好き過ぎ。

2年半以上同じ端末というは久々。大体2年周期で買い換えてきたので。

 

 mineoにMNPしてもまだG01。G02に行くという手もあるが、すでに古いモデル。今から買うのは躊躇する。

 

普段の充電はQiなのだが、

出先や移動中はUSBケーブルを刺す。こないだ蓋取れた(´・ω・`)

なぜか問題無いように開くが、

f:id:shigeo-t:20170313043302j:plain

ぽろり。

f:id:shigeo-t:20170313043347j:plain


 

TORQUE G03?が出たらすぐにauに再MNPして買うんだけど。

オールアースwwwww

このツイート経由で知ったオールアース住宅。

http://4.bp.blogspot.com/-XpWLQ0zHp9U/VufYPb-vKoI/AAAAAAAA420/tpEMm5p25vkIH5jh7KnmGqsdblHSlGHyA/s800/denjiha.png

 

電磁波と健康については総務省がまとめており、WHOのファクトシートへのリンクもある。 

  総務省 電波利用ホームページ | 周知・情報

情報量の多いページだが、繰り返し出てくる表現はこれ。

 Q.7 基準値を超えない強さの電波でも、長期間浴び続けた場合には、健康へ悪影響が生じるのではないでしょうか?
A.7 熱作用を生じない強さの電波でもがんが発生するなど、健康への悪影響を示唆する報告があります。しかしながら、それらは別の研究者らによる再現実験等で再現されておらず、科学的に確立した証拠としては認められていません。WHOも、現在の国際ガイドラインの値を超えない強さの電波により健康に悪影響を示すという明確な証拠はないという見解を示しています。 

 

個人差はあると思うが、一般には国際ガイドラインの値を超えない電波/電磁波で健康被害はほぼ無いのだろうと思う。

ポイントは量や数値の問題である。福島への風評被害でもそうだし、豊洲の問題でもそうだが、この手の騒ぎを起こす人たちの最大の問題は、「量」「数値」の問題であることを理解できないこと/「量」「数値」の問題を情緒にすり替えることである。

 

そこにこのオールアース住宅である。

今まで知らなかったが、トップページには「オールアース住宅施工 累計2000棟 2016年5月現在」の文字がある。まあ、自分の家を建てるにあたりどう予算配分するかはどうでもいい。国際ガイドラインの値を超えるなら対策も必要かも。それで安心なら好きにすればいいんじゃねーの。まあ、家の中では電磁波防げ、電車は安全ですとかすごくおかしな話ではある。

 

ただ、ウソで商売するのはいかん。アース工事さえしてもらえればいいというご都合主義である。

 

FAQの「土地について」を見てみる。ちなみにオレは小学校6年生時にアマチュア無線電話級(当時)の免許を取得している。というわけで、小学生でも勉強すればわかる範囲の話である。なお、コールサインは失効したままであるw。何時間も無言でいてもなんともない人間に、知らん人と会話したりするアマチュア無線は合わないのだったww

1) 検討している土地から8,5mの公道を挟んで大きい電波アンテナがあるお宅がありました。このようなお宅の近くは電磁波はどうなのでしょうか?また、小学校が高圧線から100m離れていないので子供が心配です。

回答の一部引用はこれ。あと、ピリオドとカンマを使い分けできないのは、小学3年生以降の勉強不足だと思う。

写真を拝見したところ、アマチュア無線のアンテナかと思います。この電波は360MHz~500MHzの間の周波数帯で、特に身体への影響については心配しなくて大丈夫です。高圧線は低周波ですから、このくらい近いとちょっと心配ですが、高周波については問題ありません。小学校の付近の高圧線についても、100m離れていれば大丈夫です。

写真が無いのでなんとも言えないが、市中の一般家屋の屋根や庭に立っている大きいアンテナはたいていアマチュア無線である。そして、そのアンテナは長波~短波(ここがポイント)である。そして、アマチュア無線に割り当てられた周波数帯は下記の通りである。

  アマチュア無線の周波数帯 - Wikipedia

見るとわかるように、360MHz~500MHzの間の周波数帯で、そんな広い幅では割り当てられていない。この中では該当するのは430MHzのみ。そして430MHzはUHF帯(極超短波)である。

 

アマチュア無線の場合、許可されている範囲で色々チャレンジする人がいるので一概には言えないが、一般には430MHz帯はハンディ機で使用する。UHF帯ということは今の地デジで使用する周波数の電波である。そのため、屋外に大きなアンテナを立てても地デジアンテナ程度で、目立つような大きなアンテナにはならない。

素子数を増やして長くしたアンテナを使っても、アンテナの幅は地デジ用UHFアンテナと大きさは大差ないので、普通の人が見ても「地デジ用UHFアンテナかなあ」である。ふつうはこういうロッドアンテナを使う。

 

ちなみに地デジの場合は470.357857MHz~709.927857MHzである。430MHz帯で八木アンテナの例はGoogle画像検索で。一般の人が「あの大きいアンテナは何」と思うような大きいアンテナは無い。

  430MHz アンテナ 八木 - Google 検索

 

そしてアマチュア無線の大きいアンテナは上にも書いた通り多くは長波~短波。例えばこの個人の方のページである。

 http://jsc-iso.up.n.seesaa.net/jsc-iso/image/HIR_0040-thumbnail2.JPG?d=a1

 

電磁波の健康被害を考えるなら、健康被害を煽るような変な本やサイトを読んだりするより、上で紹介した総務省 電波利用ホームページ | 周知・情報や、その先にリンクされているWHOのファクトシート(和訳もある)を読んでから考えたほうがいい。

 

オールアースのFAQのページでは内容がいい加減なので、また突っ込むかも。予告としては次はこのページあたり。回答の最初の一行からウソ書いてるw

 

これについては実験済である。